アルゼンチンでの出生登録手続き

アルゼンチンで産まれた子供はすべてアルゼンチン国籍者となります。さて、その出生登録、いくつか注意点が。

ポイントを簡単に。

  • 出生登録は生後40日以内
  • 両親がアルゼンチンで結婚している場合は通常病院内で手続きが可能
  • 両親が結婚していない、あるいは外国でのみ結婚している場合は役所での手続き
  • 両親揃って役所に出向くこと
  • 役所での手続きには予約が必要(インターネットか電話で)
  • 片方もしくは両方の親がスペイン語を解さない場合はスペイン語と母国語の公式通訳を連れて行くこと

いろいろ落とし穴や、事前に準備しておくといいかも、ということも書いておきます。ブエノスアイレス市の場合です。

出生登録の事前予約を忘れずに

出産した病院で登録する場合(アルゼンチンで婚姻しているカップルから生まれた子供の場合)を除いて、Registro Civilという役所に出向いて出生登録をする必要があります。出生登録は予約制で、予約はインターネットもしくは電話でのみ可能です。

ウェブサイト:http://registrocivil.gov.ar/
電話番号: 147 または 0800-999-2727

どの支所で登録するか

ブエノスアイレス市内には複数のRegistro civilがあります。本部はUruguay 753。支所によって対応できる内容が違うので予約の際に確認してください。

本部ではあらゆる手続きが可能ですが、本部だけあって審査が厳しいとのこと。ただし、ここで登録できれば差し戻されることはありません。逆に、地方のオフィスなどは審査が緩かったりする場合もあるようですが、後々本部ではじかれて(例えば名前がダメとか)差し戻される、ということもあり得るそう。

自宅近くのオフィスが簡単ですが、担当者次第で対応が違うこともままあるようですのでご注意。

市内のRegistro civil一覧:http://registrocivil.gov.ar/areas/registrocivil/InfoUtil/rcenciudad.php?menu_id=800

日本語名やリストにない名前を登録したい場合の事前準備

ブエノスアイレス市では市がつくる名前一覧にある名前以外は基本的に登録できないようです。ただ、これについては法律が変わり何でも登録できるようになったという説もあり、担当者次第で登録できたりできなかったり、ということにもなってきそうです。

もし、付けたい名前が市の名前一覧にある場合は特に問題はありません。しかし日本語名やリストにない表記の名前をつけたい場合は、念のためその名前が一般的に通用していてなおかつ子供の性別にあったものであるという証明のできる書類を準備しておくのがいいかもしれません。

日本で通常使われている名前であれば、日本大使館からその名前が日本で一般的である旨の証明のような書類を出してもらえます。一度大使館に相談してみるのをお薦めします。

ブエノスアイレス市の名前一覧(検索可能):http://www.buenosaires.gov.ar/registrocivil/nombres/busqueda/buscador_nombres.php

出生登録に持っていくもの

外国人の場合、両親それぞれのパスポート等のID及び出産した病院からもらった出生証明。結婚している場合は婚姻証明書も。日本では婚姻証明というのはないので、戸籍謄本をもらってそれをスペイン語訳したもの。

父親は必ずいる

アルゼンチンでは父親のいない子というのは基本的に認められておらず(父親がいなければ子供はできないので当然といえば当然ですが)、結婚していない場合は両親揃って登録に行く必要があります。父親欄が空白になっている出生証明というのは基本あり得ず、例えば誰が父親かわからないとか、別れてから妊娠に気づいたとかいう場合でも、裁判をしてでも父親にあたるひとをたてないといけないようです。

また、子供は基本的に父親の姓を名乗り、登録された子供のD.N.Iにサインするのも父親です。

ブエノスアイレス市に登録されているスペイン語日本語通訳は現状ただ一人

場合によっては(スペイン語がほとんどわからないとか)、出生登録の際に通訳を連れて行く必要があります。その場合、スペイン語の話せる友人などではなく、ブエノスアイレス市に登録されている公式の通訳(スペイン語と母国語)をつれてこい、といわれる場合があります(登録に行く場所や担当者によって違った対応になる可能性あり)。

ブエノスアイレス市に登録されているスペイン語日本語通訳は現状ではひとりだけのようです。その後増えているかもしれませんので、通訳が必要な場合、最新の情報は協会に照会してください。

通訳料金は1時間887ペソ、ミニマム2時間から。ちなみに、この料金は協会で決められている料金で、言語に関わらずこの料金なのだそうです。

Colegio de Traductores Públicos de la Ciudad de Buenos Aires(ブエノスアイレス市公式通訳協会)
http://www.traductores.org.ar/
Tel : 4373-7173

Registro Civilは9時半から14時半まで

お役所仕事は営業時間がとっても短いです。トラブルがあることも想定して、早めの時間に行くことをお薦めします。

 

photo by sabianmaggy via flickr
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中