アルゼンチンのパスポートを申請してきたレポ

生後2ヶ月ちょっとの子どものアルゼンチンのパスポートを申請してきました。

2011年3月9日より、パスポートの発行の担当省と仕組みが変更になり、現在はとってもスムーズに申請の手続きが終わりるようです。

パスポートの申請はショッピングセンターなどで見かけるブルーの「Nuevo Pasaporte」というブース(Nuevo DNIというのは本当によく見かけるのですが、Nuevo DNIでできるのか未確認)もしくはお役所(Registro Nacional de las personas)でできます。このお役所ではDNIの発行もしているようで、パスポートの申請にいったら、同時にDNIもデジタルの新しいものに作り直すことになりました。

どうやらパスポートをお役所で作る場合とそれらのブースで作る場合ではお値段が違うらしく、お安いお役所で作ることにしました。ショッピングセンター内のブースなどで作る場合は追加料金100ペソとのこと。

まず、予約します。この国はなんでもまず予約、です。予約は、電話かインターネット(http://www.mininterior.gov.ar/pasaporte/turnos.php)で、なのですが、このインターネットからの予約システムがエラーを返すばかりで予約させてくれないので、電話で予約しました。

持っていくものは、申請者本人のDNIと出生証明書、申請料130ペソ(2011年8月現在)です(クレジットカードは使えません)。

お役所では、書類を確認してもらい、申請料を支払い、指紋の採取(これはDNI用?)、写真撮影と署名をしておしまい、です。15日程度で自宅まで送付されるそうです。

今回は、生後2ヶ月ちょっとの赤ちゃんのパスポートなので、指紋は母親のもの、署名は母親の代筆でした。写真撮影はその場でデジカメで撮ってもらうのですが、まだ首が座りきっていないのでグラグラ。担当の女性が一生懸命あやしてくれましたが、いまいちの写りになってしまいました。

予約していくので、それほど待たされることはないと思います。乳幼児連れの場合はもちろん行列ごぼう抜きですので、ほとんど待つことはなく、すぐに手続きが終わります。

Nuevo Pasaporte:http://www.mininterior.gov.ar/pasaporte/
問い合わせ(平日8時から20時):0800-9999-364

Registro Nacional de las personasはこちら。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中