小さなポルテーニャのマテセット

マテという飲み物がある。

南米地域でよく飲まれているお茶のようなもので、ひょうたんなどでつくられた器に葉っぱをいれ、それにお湯を注いで、ボンビーシャと呼ばれるストロー状のものでのむ。アルゼンチンやウルグアイでは小脇にお湯の入った水筒、片手にマテを持って歩く人も多い。はじめは、そこまでしてマテをのみたいのか、と冷やかすような目で見ていたのだが、今となっては私も同じことをしたいほどにはマテ中毒である。

それだけ南米の生活に根付いたマテであるから、当然、子供用のままごとセットにもマテセットがある。以前から気にはしていたものの、まだ早いかと思って買わずにいたが、近頃は両手にコップを持って中身を注ぎかえる仕草などをするようになってきたので、今日散歩がてら近所の玩具屋で買ってみた。

マテとボンビーシャ、やかん、シェルバと砂糖を入れるポット、のセット、30ペソなり。近頃インフレのひどいこの国でこれは安い買い物。プラスチック製で、安っぽさは拭えないが、何とも言えずかわいらしい。

さっそく、やかんに水をいれて渡すと、ちょろちょろと上手にマテに注ぎ、小さなボンビーシャでちゅうちゅう吸っている。1歳2ヶ月でこんなことができるのかとちょっと驚き。大人のすることをよく見ているものだ。下手なことはできない。

ちなみに、マテにはマテインと呼ばれるカフェインに似た成分が含まれており、子供にはおすすめできない。私自身もこの2年ほどカフェインを避けているので、マテイン含有率の低いマテを愛飲中。

こんなの。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中