つまんでいれる

中華街で10ペソで買ってきた、実におおざっぱな作りの木のおもちゃがある。板に穴があいていて、そこにちょうど通る太さの円柱が刺さっているものだ。おそらくゲームとして遊べるものなのだが、小さい人は目下、その穴に円柱をさすと言う作業にはまっている。

できるようになったのは数日前だ。

買ってきたときは全く何もできなかった。円柱の一本をつまみ上げることすらおぼつかなく、わたしが円柱を引っこ抜いたりさしてみたりしても全く興味をもたない。

それが、時々その円柱を指でぷすっと押し込むようになった。自分で抜いたりさしたりするまでにはいたらない。

しばらくすると、さしてある円柱をとにかく全部引っこ抜くことができるようになった。さしたそばから引っこ抜き、おもちゃのトラックの荷台にぽとりと載せる。

それがここ数日は、刺すことができるようになったのだ。

そんなわけで、今日は3.5ペソでケースに入った爪楊枝を買ってきた。渡してやると早速爪楊枝を穴からぽとんと落としていれている。楽しいらしい。

毎日こうして何かができるようになっていく小さい人。忘れたくないな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中