小さい人の初詣

ふと気がつくと、年が明けてもう2週間近く。ときの流れは本当にはやいものです。

今年のお正月は、小さい人にとってははじめての日本のお正月。そして、私にとっては、10年ぶりの日本のお正月です。ばたばたとしてしまい、のんびりゆったり年越し、とはなりませんでしたが、初詣に行ったり、お年玉をもらったり、多少なりとも日本のお正月的なことはしました。

小さい人は、お正月の初詣以来、手水舎で手を清めることや、二拝二拍手一拝をすることを覚えました。まだどちらも完璧には出来ないけれど。お風呂にはいっているときも、小さな柄杓のようなもの(コーヒーの粉を掬うスプーンをおもちゃにしている)を持って、左手を清め、スプーンを持ち替えて右手を清め、また左手を清め(この時点で柄杓の水はぜんぶなくなっている)、そして口元でちゅっちゅ、なんてやっています。あるいは、台所の高いところに置いたお札に向かって、ぱんぱん、と言いながら拍手をしては深々とお辞儀をしたり。

先日は、お散歩途中に小さな神社を見つけたので、ほら入ってみようよ、というわたしについてこないで立ち止まっているので、どうしたの、というと、参道のはじまるところにある鳥居を指差して、それから深々とお辞儀をしていました。あら失礼しました、とわたしも慌てて戻ってお辞儀からいっしょにやり直し。

こういう生活に根付いた日本的な習慣や所作を、小さいうちに吸い取っておいてもらいたい。きっとこれからも外国生活が長くなるでしょうから、なおさら。

松の内もあけ、鏡開きもすんで、一年が本格的に始まりました。今年がだれもにとって、よい一年でありますように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中