小さい人のタイ人化

タイに帰ってきてまだ2週間ちょっと。小さい人のタイ人化がすごい。あっという間にタイ語を覚えた。

キンカーオ! (ごはんたべる!)
カー(はい)
ペッ(辛い)
アロイ(美味しい)
ガッバーン(家帰る)
マイミー(ない)
アンニー(これ)

実際に話すときには「Hambre! (お腹減った in Spanish)、Vamos(let’s go in Spanish)キンカーオ! (ご飯食べる in Thai)オッケー?」みたいな話し方をする。「マイミー」に至っては「ノーアイ (no hay)、マイミー、ないない!」とスペイン語、タイ語、日本語で同じことを連発で言う。もういったい何人なんだか… これも、わたしがついついごちゃ混ぜでしゃべってしまうのがよくないのだ、と反省。

タイ語の発音って子どもにとっては言いやすいのかも。

小さい人はどうやら人懐っこいと言うか、恐れを知らないと言うか、コミュニケーション能力が高いのか、誰のところにもどんどんいくし、誰が何語で話しかけても何となくわかって当たり前のように返事をしたりする。すごい。親はこんなに人見知りなのに。おかげで人見知りの私もいろんな人と話すきっかけになってとてもありがたい。小さい人に助けてもらいっぱなし。

先日、トークセンの修行のため(去年とったコースの練習)マッサージ学校へ連れて行ったところ、同じ学校で足マッサージを習っている人がたくさんいたのをみていたのか、いつの間にか足マッサージをそれっぽくできるようになっている。足の間に座り、タオルをかけて、そのうえから「もみもみもみ」と言いながら足をもんでくれる。マッサージの最後によくやるチョップチョップチョップも出来るようになっていた。

将来、小さい人と一緒にマッサージ屋でも出来るかなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中