アルゼンチンでの永住権申請の記録

もうだいぶ前のことですが、アルゼンチンの永住権とDNIを申請してきたときのお話です。私自身、色々調べても調べが足りなくて大変な思いをしたので、今更ですが記録しておき、誰かのお役に立てば幸いです。

私は、アルゼンチンで出産後、アルゼンチン人の親として永住権を申請、取得しました。

アルゼンチンは出生地主義で、子の国で産まれた人はみんなアルゼンチン人です。そしてその親は永住権をとることが出来ます。なのでさっさとやっておけばよかったのですが、色々書類を日本から取り寄せたり、翻訳したり、途中で日本に帰ってしまったのでやり直したり、色々面倒だったのです。

あとは調査不足で、パスポートのコピーとかその場でコピーすりゃいいでしょくらいに思っていたりして、書類不備で申請まで漕ぎ着けられないことが重なり、もういやだー! となったりしました。イミグレで受け付けてもらえなくて、泣きながら帰ったこともありましたよ、ほんとに。

というわけで、必要書類。ちなみにこれは私が申請した2012年9月頃の必要書類です。現在はまた違うかもしれませんので要確認。

  1. パスポート原本
  2. パスポート全ページのコピー&翻訳と公証
  3. 日本の犯罪証明原本&翻訳と公証
  4. アルゼンチンの犯罪証明
  5. 現住所証明(Certificado de domicilio)
  6. 出生証明書原本とそのコピー
  7. 子のDNIとそのコピー
  8. Residencia permanente代600ペソ
  9. DNI代40ペソ

なんと、戸籍謄本アポスティーユつきとその翻訳公証、というのがいらなかったのです。これがすごく時間とお金がかかったのに! これが必要と最初から疑ってもいなかったのはなんでだろう? これがなければもっとずっとはやくにDNIを手にしていたかもしれないのに…

とはいえ、申請から2週間もかからずにDNIが届きましたので、結果よしということで…

さて、実際の申請ですが、上記書類を揃えて、イミグレの予約を取って、申請に行けば良いだけなのですが、私はいろいろと調査不足、書類不足で何度も往復をしました。ちょっと覚え書き程度に…

1. パスポート原本
そのまま、パスポートそのものです。

2. パスポートのコピー
これが曲者でした。パスポートのコピー、とだけ聞いていたので、イミグレの中にあるコピー屋さんでコピーすりゃ良いだろう、まぁ、ちょうど手持ちに一枚(写真のところ)あるし、これでいいか、と。だがしかし、この「パスポートのコピー」とは、「パスポート全ページのコピー」のほか、その全ページの翻訳と公証が必要だったのです。イミグレの窓口でこれを言われたときはショックでした。がびーん! です。その場で翻訳家さんに連絡を取って、その足で翻訳を依頼しにいって、それでも出来上がるのは1週間後、イミグレの予約は取り直し、です。げっそり、げんなり、でした。

3. 日本の犯罪証明原本の翻訳と公証
これチートです。日本大使館経由で日本から取得するのですが、この取得に2ヶ月かかります。その間に日本にいってしまうとやりなおし、じゃあ日本でとろうとすると、アルゼンチンでビザをとれるという証明をもってこいとか言われます。そんなん無理ゲーすぎる。だってアルゼンチンの方はこれがないと申請させてくれないし。

そんなわけで日本大使館経由で申請し待つこと2ヶ月。届いた犯罪証明はおそらく大使館で開封され翻訳され、さらにそれをまた封印されて「本人が開けたら無効』と書いてあります。ところが、この「本人が開けたら無効」というのが曲者です。日本はよくこれをやりますが、アルゼンチン側からは翻訳と公証を求められます。つまり開けないと翻訳も公証も出来ないんですよ、はい。一度、ビザの申請相談の窓口で、「これ、私が開けたら無効とか書いてるからお兄さん開けてくれるかな」とイミグレの職員に頼んだら、なにいってんの? みたいな反応をされました。自分で開けたら? というので、でも私が開けたら無効なんだってよ、というと、じゃあ、大使館にでもいってそこで開けたら? と言われ、そもそも大使館側が、本人開封無効っていってるの、と、もうらちがあきませんでした。

結局、自分で開封し、翻訳家さんに一部を翻訳してもらい(一部英語の部分があるのでそれをスペイン語化)、さらに公証をもらってクリア。「本人開封無効」とかかかなくていいのに…

4. アルゼンチンの犯罪証明(antecedentes penales)
これは、簡単だった気がします。Registro National de Reincidenciaへ行って申請をすると、証明書の番号をくれます。そしてあとで自分でウェブサイトから証明書をダウンロード&プリント。

5.現住所証明
カピタルなら最寄りの警察署、カピタル外ならRegistro Civilへいって申請。カピタルでは翌日にその住所に人が来て本人がいると確認されれば証明が出ます。私はカピタル外だったので、Registro Civilへ公共料金の領収証等を持っていき、その場で証明してもらいました。

6, 7.子の出生証明書、DNIの原本とそのコピー
これはそのまま、です。

8, 9. この金額は、これは2012年9月の段階なので、今はいくらになっていることやら…

これら書類とお金を持っていくと、2週間以内に自宅にDNIが届きました。一説には数ヶ月待ち、ということも聞いていたので、自分の出国までに間に合うかどうかドキドキでしたが、ちゃんと2週間以内に届きました。やるじゃん、アルゼンチン。

ピカピカのtarjeta DNIを手にしたとたん、とっても嬉しくて、何度もイミグレを往復したことやら、いろんな証明を集めたことやら、泣きそうになったこともいい思い出。これで私はいつでもこの国で好きなように暮らして働いていいんだ! という喜びでいっぱい。これってすごいことだよね。

って、まぁ、今はアルゼンチンを離れちゃっているのですが、いずれまた戻って暮らしたいので、そのときにはもうこういう手続きはいらないんだなぁ、嬉しい。

他にもいろんな手続き関連の記録があるので、ぼちぼちあげていこうと思います。

広告

3件のコメント

  1. 初めまして。アルゼンチンでご出産されて永住権DNIを取得されたのですね。私もまさにこれからその手続きをする予定でいます。先日やっと子供の出生届けの手続きが終了し、今週にでも子供のDNIの手続きをしますが、必要書類など詳しく教えて頂けないでしょうか。子供の出生証明書と両親のパスポートの他に、現在住所証明書も必要でしょうか。それとDNI手続きにも公認の通訳の方は必要ですか。(出生届けの時は知り合いのアルゼンチン人の方にお願いしました。)お返事お待ちしております。

    いいね

    1. こんにちは。コメントありがとうございます。

      ご質問の件ですが、我が子の場合、出生届と同時にDNIを貰いました。ので、DNIの手続きはしていません。出生証明書にももうDNI番号がはいっているし(ninaさんのお子さんはどうなっているのでしょうか?)、なんと手書きでした。

      ちょうどカード式や新しいDNIとの切り替え時期だったのですが、手書きはその場で発行でしたが、新しいタイプだとその場では出来ないので郵送になると思います。

      が… 出生証明書があるのにDNI番号がまだないというのが想像がつかないのですが、今はそうなっているのかな?

      http://www.nuevodni.gov.ar
      がDNIのサイトなので必要なことはここに書いていると思います。

      あと、カピタルかそれ以外かでけっこう色々違ってくると思うので、お住まいの市のサイトとか確認しておいた方が良いと思います。そもそも直接行って出来るところもあれば、事前予約が必要なところもあります。

      いいね

      1. ご無沙汰しています。ninaです。お返事いただいてからすぐ引っ越しをしてしまい、2ヶ月以上インターネットのつながらない環境にいた為、ご連絡できませんでした。すみません。mateylibroさんのおっしゃる通り、出生証明書にDNI番号があって、無事DNIのカードを発行できました。本当にありがとうございました。
        今、私たちの永住権、DNI取得に向けて必要書類を準備しています。
        そこでいろいろお聞きしたい事があるのですが、個人的にメールでやりとりは可能でしょうか。
        もし、宜しければ、メールお待ちしています。

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中