ウィルス性発疹で病院へ行ってきました

我が家の小さい人、高熱が続いています。今週は学校休み中。

昨夜は高熱でもうろうとしていたのか、泣きながらベッドからずり落ち、タイルの床に寝転んで、きらいよぉ、きらいよぉ! と泣いていました。かわいそうすぎる。

夜の高熱は朝になると下がってしまうことが多いのですが、今回は朝になっても熱があり、体中に発疹が出たので、病院に連れて行くことにしました。しかも、隣の大家さんちの息子さんも高熱とのことで、病院へ行く車に便乗させてもらいました。

道すがら、ぶちゅぶちゅ、ぶちゅぶちゅ、と自分の身体に出た発疹をつんつんしている。本人はあんまり分かっていない様子。

突発性発疹は熱が下がってから発疹が出るとのことなので違いそう。風疹、麻疹、水疱瘡あたりかしら。でもワクチンしてるんじゃなかったっけ? などと考えつつ診察を受けました。はっきりとした病名を言われたわけではなく、なんかのウィルスだねこれ、という診断。抗生物質(ウィルスなのに?)、パラセタモール、鼻水止める薬、などがでました。

念のため受けた血液検査の結果、なんかの数値が低いそうで、それを改善する為の食事指導を受けました。熱とか発疹のことより、こっちについてトクトクと話されました。

ポイントは「フレッシュ野菜ジュースを毎日飲むべし(非加熱)」「牛乳は食事と一緒にとるな(2時間空けろ)」「とにかく水を飲め」「温泉が良いよ」と。温泉?

フレッシュ野菜ジュースは、ブロッコリ、ビートルート、トマト、パプリカなどをウィーンとやって、オレンジジュースやリンゴジュースで飲みやすくしたもの。お好みでイチゴやキゥイもいれるよろし、とのこと。

今回の先生は女性だったのですが、ご自身でこういう健康に関することを色々研究しているらしく、手書きのレシピや注意書きをコピーしたものをいただきました。

一応ビタミン剤やミネラル剤もだしてもらったのですが、野菜ジュースは欠かさないこと、サプリがなくなったらあとは野菜ジュースいっぽんでOKとのこと。

そういえばアルゼンチンにいた頃は毎週土曜日Sabe la Tierraというオーガニックマーケットに通っていて、野菜も果物もオーガニックをもりもり食べていましたが、タイに帰ってきてからオーガニックものをあまり買っていません。このへんオーガニックファームとか沢山あるので、オーガニック製品が少ないわけでは決してないのですが、なにせまだ移動の為の足がないもので、なかなか買いにいけません。

そんなわけで先生から野菜を洗う場合、一時間半ほど塩水につけてからきれいに洗うように指導を受けました。残留農薬がいっぱいなのだそうです。この間大家さんがお料理するのを眺めていましたが、パクブンをものすごく丁寧に何回もしっかり洗っていました。やっぱり気になるくらいなんだな、農薬。重曹で洗ったりしたら奇麗になるかな?

甘いお菓子をあげないとか、化学調味料をさけるとかしていますが、農薬も気になるし、そもそももっと野菜食べないととか、なんだか色々…

小さい人には健康に頑丈に育ってもらいたいもんです。その為には色々気をつけないと!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中