多言語を身につける為に日本語だけで話しかけるのを徹底したい

言葉は混ぜるな。

多言語教育についてちょっと読むと必ず書いてある。

子どもにとって言語と人をマッチングさせるのが重要で、この人は日本語で話す人、この人は英語で話す人、この人はスペイン語、みたいにしておく必要があるらしい。そんなわけで我が家は産まれた頃から日本語だけで会話していた。あるときには、現地の人(道行く赤の他人)に「この国に住むなら外ではこの国の言葉をしゃべるべきだ。何を言っているかわからないと非常に気分が悪い」といわれて考えてしまった事件もあったが、まぁ、基本的に日本語でやってきた。

が、子どもが親以外の人と関わり始めるとそれが難しくなってきた。

例えば、子どもが誰かの物をとったとき。日本語で「貸してくださいって言うのよ」と教えると、我が子は日本語で「かしてください。かしてください。貸してください!」と一生懸命言う。が、相手の子は当然日本語がわからないので、ポカーン(あるいは聞いてすらいない)。そこで我が子はショボーンと悲しい顔をしたり、また手をだしたりする。

前述の「何をしゃべっているかわからないと気分が悪い」ということを直接抗議してくる人はごくまれであるにしても、そういう感情を抱く人はおそらく一定数いて、そういうのに配慮すべきだというのもわかる。

例えば、子どもたちを連れてみんなで集まったときに何か問題があったとする。状況を説明したり、どうすべきかを考えようと言ったり、我が子だけでなく回りにいる子とその親にも聞いてほしい状況があったりする。そういうときにはやっぱり英語も交えて話すことになる。

ふと気づくといろんな言語混ぜこぜで話している自分がいてぎょっとする。一応我が子は第一言語は日本語。多言語環境だと遅れると言われているけれど特に遅れることもなく日本語でべらべらしゃべっている。ときどき英語その他で言うこともあるけれど、基本的思考は日本語じゃないかなぁと思う。

日本語だけ徹底するって難しい。これを実行できている人、どうしているんだろう、教えてほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中