レモンは赤くない – 素敵なトリックのある色の絵本 Los Limones No Son Rojos

久々絵本レビュー。

我が子が産まれて数ヶ月の頃、はじめていただいた絵本。

これがとんでもなく素敵な、すばらしい絵本なのです。プレゼントしてくれた友人と一緒に興奮気味にぺらぺらページをめくりました。

スペイン語版ですが、書いてあることは、「レモンは赤くない、レモンは黄色、赤いのは…」といろんな色のことが書いてあるだけの、シンプルな構成。でも、ページにトリックがあるのです。

表紙をみていただくとわかるのですが「レモンは赤くない」なんてタイトルなのに、赤いレモンがかいてあるやんけ! と思うでしょう。このレモンの部分は穴になっていて、穴を通して次のページの色が見えているだけなのです。ページをめくると、左ページにきたレモンの形の穴を通して後ろのページの黄色が見えるのです。あっ、本当にレモン赤くなかった、黄色だった、って思うのです。

って、言葉で書いてもきっと伝わらないのですが、とにかくとってもとっても素敵な絵本なのです、宝物。

既に娘に散々びりびりにされてしまいましたが、テープで補修して大切に読んでる。紙は普通に薄いもので、ボードブック等ではありません。1歳くらいだとあっという間にびりびりになるかもしれない(なんせページに穴が空いているので指を引っかけてびりってやりたくなるみたい)。

調べてみたら英語版もあるみたい。

Lemons Are Not Red
Lemons Are Not Red

posted with amazlet at 14.06.30
Laura Vaccaro Seeger
Roaring Brook Press
売り上げランキング: 1,870

日本語のは見つけられなかった。

おすすめ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中