PMS症状収まったと喜んでいたら生理中にイライラがでた

糖蜜のおかげか生理前のPMSはものすごーい楽だったので、このまま生理もさくっと終わったら、糖蜜ちゃんすごい! というエントリを書こうと思って楽しみにしていた。こらからもうずっと穏やかな気持ちで生きていけるのだという喜びで一杯だった。

ところがホルモンちゃんはそんなに甘くなかった。

生理の3、4日目の昨日と今日、イライラが出てきたのだ、けっこうひどいやつが。以前の生理前のPMSほどではないが、それなりにひどい。今日は娘に対してキレてしまった。

きっかけは、パンを焼いたのでご近所様にお裾分けしようと半分に切り分けて、こっちはお裾分け用だからね、といっておいたのに、私がちょっと背中を向けた隙に、ふかふかのパンをぺちゃんこにつぶされたということ。

モンテ的発想で余裕のあるときならば「ふかふかさわりたいよねー」といいながら、これも感覚のお仕事だわー、パンなんてまた焼けばいいのよー、ってまぁ、思えなくもない。

が、今日はダメだった。せっかくあげようと思ってたのにぐちゃぐちゃにされてママすごく悲しい! これじゃもうあげられない! もう触らないで! NO!!! だんだん声も大きくなって最後は叫んでいた。やばいとおもって、タイムアウト。母がいきなり居なくなるので娘はびっくり悲しくて大泣き。

ダメだ… 毒親だ。

気になって、子育てログをみてみると、先月も生理開始後4日目あたりから5日程度、イラっとしている時期がある。それが終わると、再び穏やかな日々が来る。生理中のイライラはPMSほどじゃないのでそれほど深刻に考えていなかったけれど、PMSの方が解決しそうなので、これもかなり気になってきた。

ところで、生理始まってからなるのもPMSなんだろうか?

調べてみると「PMS症状が生理が始まっても残る」とういうのは比較的あることらしい。私の場合、PMSの症状が残っている、というのではなく、生理4日目くらいに突如PMSぽい精神症状がでる。生理前にPMS症状があっても生理になったとたん一気に穏やかになり、4、5日目からまた1週間ほど症状が出る。

カレンダーとにらめっこしていたのだが、精神的に穏やかかつ体も絶好調で居られるのは排卵日前の1週間と排卵日後の1週間くらい。生理前1週間が、以前はPMSで大変だったのが、前回はほとんど症状が出ず、おかげで先月は1ヶ月のうち3週間は穏やかで居られた。

ホルモンのグラフを調べてみた(こことか参考に)。

排卵日1週間前、というのはだいたいエストロゲンがぐっと優位になり始める時期らしい。排卵後がくっとエストロゲンがおち、プロゲステロンが優位になるのだが、それでも排卵後一週間ちょっとはエストロゲンの量は、生理前後に比べるとまだ多い。

グラフをまたじーっと見ていると、生理になるとプロゲステロンがぐっと落ちるのだが、そこでエストロゲンがちょこっとだけ上がる。生理の1日目、2日目に。3日目から10日目くらいはほとんど変わらない上に、実は生理前のイライラしている時期と同じくらいしかない。つまり、生理になって穏やかになったーという時期は、イライラさせると言うプロゲステロンに着目すると、それがずいぶん減るのだが、明るい気分にさせるエストロゲンに関して言うとあんまり増えてない、ということになる。

エストロゲンが少ない時期だから、なのかなぁ、このイライラは。それだけなのかなぁ。

生理前の本来ならPMSがひどい時期を今回乗り越えたので、漢方や糖蜜のおかげだと思っている。が、それらが生理前のPMSには効いて、今生理中に効いていないのが釈然としない。

うーん… 原因をつきとめたい。

ところでこういうPMSの精神症状がはっきり出るようになったと同時に、生理周期がとても安定してきた。さらに自分もとても健康な状態であると思う。つまりPMSは妊娠可能な安定した状態にでてくるものなのかなぁ、と思ってきた。PMSは社会生活を営む上では非常に困ったものだけれど、生物としては正しい姿なのかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中