顔のない人形を作った

顔のないって言うと語弊があるが、表情がない人形。

f:id:Erendira:20140121103210j:plain

自 分が子どもの頃、母親が作ってくれた人形だけはいつも肌身離さず持っていた。それは毛糸で編まれた女の子の人形で、目と口はほとんど点だった。他にもいろ いろ人形はおもちゃを持っていたのだろうけれど、ほとんど記憶に残っていない。その子だけはどこがどうほつれていたのかとか、どんな手触りだったのかと か、すごく覚えている。

我が子は、生まれてこのかた、おっぱい以外に執着するものがない。よくこどもは、ブランケットだとか、タオル、お人 形など、匂いが染み付いていて、勝手に洗うと怒られちゃうほどなにか「おきにいり」のものを持っているらしい。『安心毛布(security blanket)』とか、『ライナスの毛布』とか言うらしい(安心毛布 – Wikipedia)。それを触り、匂いをかぐと心が落ち着くなにか。母の作ってくれた毛糸の人形は、私にとってはそういうものだった。が、我が子はまだそれがない。

そ ういう対象は必要だよなぁ、と常々思っていた。とくに、我が子は現在に至っておっぱいのみに執着しているので、痛い、辛い、悲しいことがあるとおっぱいを くわえて心を落ち着かせる。それ以外に、心を落ち着かせる方法を知らない。おっぱいはいい加減やめてほしいけれど、今彼女からおっぱいを奪ってしまうと、 心を落ち着かせるなにか、がなくなってしまう。それはとても不安なことだろうから、とだらだらとおっぱいをあげているが、なにか別の愛着対象が必要だ。

そう思って、度々、特定のタオルやぬいぐるみなどを抱かせて寝かしつけ、なにかが彼女の「ライナスの毛布」になってくれないだろうかとやってみたが、なんともならなかった。

やっぱり、人形かな、との思いを強くした。自分の子ども時代を思い返すといつもそこにいた「みほちゃん(ときどきりかちゃん)」。もしも我が子が自分の作った人形とずっと一緒にいてくれたら、親としてもとても嬉しい。そんなわけで作ることにした。

作 ろうと思っていたのは、母の作ってくれた人形のような、表情のないお人形。外国風のお人形などで見たことがあると思って調べてみたところ、シュタイナー教 育のウォルドルフ人形も表情がない。母の作ってくれた人形とは表情以外全く違うけれど、こういうのを与えたい、と思った。

ウォルドルフ人形の本

ウォルドルフ人形の本

実 は以前、義母からお人形のプレゼントを打診されたのだが、断った経緯がある。市販のプラスティックの、寝かせると目をつぶる、いつも微笑んでいる人形には とても違和感があったからだ。人間はいつも笑っているわけではない。泣くこともあれば怒ることもある。ネガティブな感情に包まれたときにも、その人はその 人として生きなければならない。

表情のない人形、というのは、そのときどきの自分の感情を反映させることができる。楽しいときには一緒に笑い、悲しいときには一緒に泣いてくれる。わたしの「みほちゃん」もそうだった。父が死んだときもずっとみほちゃんを抱いていた。

そ んなわけで、ウォルドルフ人形を作ろうと思い立ち、調べてみると、素材が決まっている。私の住むエリアでは、良質な羊毛やオーガニックコットンジャージが なかなか見つからない。どうせ作るなら本物を、と思っているものの素材が手に入らなきゃしょうがない。そんなこんなでどんどん時間がたっていった。日本で はキットになっているものも売っていて、1万円弱だ。買うかどうするか迷っているうちにさらに時間は過ぎる。

立ち止まって考えた。

わたしの「みほちゃん」は普通の毛糸で編まれていて、中につまっていたのはポリエステルの綿だ。それでもわたしはそれを愛し大切にした。何でもいいってわけじゃないが、ポイントはあの表情と、母親が作ってくれた世界に一つのものであるという点だ。

そ んなわけで、自分で好きに作ったらいいじゃないか、と思い直して、市場で買ってきた布と綿と毛糸で作ってみた。作り始めたらあっという間に出来た。まだ髪 の毛をつける前のはげちょびんを娘に発見されると言うアクシデントはあったが、完成させて、洋服を着せて、あらためて「よろしくね」と言ってみた。

まだ1日しかたっていない。おっぱいへの執着は消えていない。今のところ娘はあたらしいお人形を気に入ってくれて、手をつないで歩き、一緒に眠り、学校へ行くときは「いってきます」を言っている。

わたしにとっての「みほちゃん」みたいな存在になってくれるだろうか。彼女が不安を感じたとき、寂しいとき、悲しいとき、一緒に寄り添ってくれる存在になるだろうか。

新しいお人形の名前は「おにんぎょさん」だそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中