PMSが減ったら虐待はきっと減る

何度も書いているけれど、モラセスのおかげで私のPMSは劇的に改善した。

以前は、生理前になると体の中から怒りが爆発しているみたいで、何の理由もなく朝目が覚めたその瞬間からものすごい怒っていた。子供に対してイライラするのでも、怒っているのでもない。自分がモーレツに怒っているときに、たまたまそばにいた人、それが子供だった。

生 理直前の数日は、その怒りが本当に暴発して、我が子に手をだしたりしないように必死に押さえることだけに全エネルギーを使っているみたいだった。本当に歯 を食いしばって目をぎゅっとつぶって左手で右手を押さえつけて、最初の経血が流れるその瞬間まで、必死で耐えた。ときどき耐えられなくなって物を壊したり ぶん殴ったり大声で叫んだりした。なんとか子供をぶん殴ったりすることはなかったが、本当に紙一重のところにいた。あの勢いで、我が子を肉体的に痛めつけ たり、殺してしまったりすることもあり得るだろう、というくらいのモーレツな衝動なのだ。

結局、実際肉体的な虐待をすることはなかったが、 精神的な虐待はしていたと思う。怒鳴る、無視する、突然怒る、使っている物を奪うなど、ひどいことを散々した。我が子はそれで相当傷ついただろうし、それ 以来「怒ってない? いらいらしてない?」と私に確認するようになってしまった。

PMSのせいにするなと言われそうだが、PMSになるまではそんなことしたこともなかったし、PMSが改善した今、そんなことはしないので、やっぱりPMSのせいだったのだろう。

PMS について知っていた「生理前にいらいらすることがあります」なんて言葉では到底理解のできないレベルの怒りの爆発を体験した今、よく見聞きする母親による 虐待のニュースが人ごとには思えなくなった。虐待のニュースを見て「親としてそんなことするなんて信じられないわ」「そんなの頭おかしい」「親になる資格 なし」と一刀両断に切り捨てる意見にはもう全く賛同できない。

だって私だってやりかねなかった。

私は今まではぎりぎりなんとか耐えた。でも、毎回これに耐え続けられる自信はこれっぽっちもない。

も し、世界中の女性のPMSが楽になったら、そうしたら精神的肉体的虐待を受ける子供はぐっと減るだろう。殺されるとか殴られるとかいうレベルでなくても、 私が我が子にやってしまったような精神的虐待を受ける子供もぐっと減る。子供時代に親にいじめられると一生心の傷になる。そういう子供が減ると、安定した 心の子供が増え、そういう人たちは安定した大人になる可能性が高い。安定した大人が作る世界は、きっと今より優しく暖かい世界だろう。

なんか似たようなこと何度も書いている気がするけれど。

おしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中