シャンプーをパラベンフリーにしてみた

なんだかやりすぎ感の漂う健康オタクみたいになってきました。きっかけはPMS。いろんな世界が見えてきました。

パラベンとは化粧品、食品にはいっている、安全だと言われている防腐剤です。これがないと化粧品とかすぐ腐っちゃうんです。いろんな防腐剤があるなかでも安全だと言われているので広く使われているのです。

しかしこのパラペンさんは、どうやら体内のホルモンに影響するらしいのですね。わたしのホルモンバランスを崩しているもののひとつにパラベンさんもいるんじゃないか、との思いから、パラベンフリーのシャンプーを買いにいきました。

頭皮ってずいぶんいろいろ吸収するみたいですしね。

ところでパラベンフリーといっても、他の防腐剤が入っているのが通常です。なんかしらの防腐剤を入れないと腐っちゃいますからね。お風呂場なんて湿って暑いし、腐らないわけがない。しかしパラベンを避けて他のもっと安全性の低い防腐剤が入っていたら、なんというか…意味ない。

そこでヘルスフードストアへ行ったところ、100%ナチュラル、ケミカルフリーシャンプーなるものがあったので買ってみました。ココナッツオイルベースで、とっても甘ーいいい香り。入っているものは全部植物性。シャンプーの泡立ちはソープベリーと言う植物を使っています。

しかし、ケミカル防腐剤が入っていないとなると、すぐ腐るんでは? という心配が。今のところ腐っていません、3日目。ボトルに書いてある説明によると、細菌を殺すというアプローチではなく、むしろ細菌? 微生物をうまいこと利用しているらしいのです。醗酵と腐敗は科学的には同じらしいし、うまいこと使うと腐らず醗酵してくれるらしいです。発想の転換というやうつか。

使い心地は、思いがけずとてもいいです。ケチってコンディショナーは買わずにシャンプーしかかっていませんが、それでもさらさら。お風呂上がりにはココナッツオイルを髪につけるとしっとりです。コンディショナーも買ってこようかな。

ボディソープも止めて石鹸に戻りました。もともとずっと石鹸使っていたのですが、ここ数ヶ月いい香りのボディソープなんか使っていました。ありがたいことに私の住んでいる街では、ハンドメイドのナチュラルソープがポピュラーです。いろんな植物のエキス入りの石鹸があります。

そうなるときになるのが、歯磨き粉と日焼け止め。とくに歯磨き粉なんて口の中。薬だって舌下で溶かすとめっちゃ効きますからね。パラベンさんも手のひらから浸透するよりよっぽど吸収されちゃっていると思います。

日焼け止めは、パラベンフリーで他ケミカル入りで我慢するか… 今回買ったみたいなケミカルフリーの歯磨き粉ってあるのかな? まあ、歯磨き粉はなくてもいいのですが、我が子が甘い歯磨き粉がないと歯磨きをいやがるのです。

気になりだすときになるので、いろんな化粧品の原材料名を見ていますが、日本の化粧品ってボトルに原材料書いていないことがけっこうあります。パッケージの箱とか厚紙とかに書いてあるんでしょうが、パッケージから出してボトルやチューブの状態になるともう書いていません。子どもの歯磨きですらそう。

私も娘も肌はそれなりに強く、どんな化粧品でもあんまり荒れたりしません。だから強い防腐剤が入っていても気にせず使っていました。でも、肌荒れだけじゃないんだな… いままで娘にときどき子供用ですらない日焼け止めをぬっていたことを激しく後悔しています。

将来私みたいにPMSや生理関連の不調で娘が苦しむことがありませんように… 気をつけよ。

このマジックソープはおすすめです。シャンプー、ボディソープ、フェイスソープとしてだけでなく食器洗いでも何でも使えます。これで顔を洗うと汚れがすごくすっきり落ちるのにつっぱりません。日本にいるときはこれを愛用してます。

magiscoap-header2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中