PMS/PMDD関連ワードで検索してきた方へ

このブログにたどり着いた人が検索に使った言葉たち。

  • pms 自殺しそう
  • pms 子どもを殺したくなる
  • pms 虐待
  • pms 虐待 殺して
  • pmdd 理性はあるのか
  • pmddを言い訳にする
  • pms症状 親 わかってくれない
  • pms 攻撃 暴力
  • pmsの妻に 耐える夫
  • pmdd 離婚
  • pms怒りの爆発
  • pms 妻
  • 感情のコントロールができない pmdd
  • pms自閉
  • pms 奇声
  • 酷いpms 家事育児

これらの言葉で検索をしているPMS持ち本人或はその周りの人たちの辛さが伝わってきます。

ひどいPMS/PMDDの時に感情を理性でコントロールしようとしても、ほぼできません。それを理解しろと言われても、おそらくそういう状態になったことがないと、なかなか理解できません。わたしもそうでした。

本当に死ぬ前に、殺す前に。子どもや家族からはなれてひとりになって、調べてみてください、PMS/PMDDについて。調べてそして、試してください。もちろん婦人科に行くのもいいでしょう。もしそうでなくても日常生活の中でできそうなことを試してください。

私にとってそれはブラックストラップモラセスでした。ブラックストラップモラセスと出会っていなかったら、今頃娘を肉体的に虐待していたかもしれないと本気で思います。一瞬の怒りでフライパンでぶん殴っていなかった自信はありません、たぶんぶん殴っていたでしょう。それくらい、わたしのPMS/PMDDの怒りはひどいものでした。それは娘に対して怒っているわけではありません。体の中から怒りが爆発しているときに、手元にフライパンがあり、そこを娘が歩いている、というだけなのです。

ブラックストラップモラセスをはじめてすぐ、心が驚くほど穏やかであることに気づきました。それから、自分の体調をよく観察するようになり、ブラックストラップモラセスだけではなく、ヨガをはじめてみたり、エストロゲン過剰になりそうな食べ物や化粧品を避けてみたり、そして日常的に食べ物にも気を配るようになり、今は以前のように怒りの爆発に体も心も支配されるようなことはありません。

もちろん誰にでも効くわけではないかもしれません。でも、今まさに自殺したり、殺してしまいそうと言う危機感があるのなら、その前に、とにかくなにか試してみてください。

殺すまで行かずとも、手をあげずとも、PMS/PMDDの母親を持った子どもは、少なからず影響を受けます。特に精神症状が出る場合は、それはもう精神的な虐待と呼んでもいいかもしれません(わたし自身、以前のわたしは精神的虐待をしていたと思っています)。

意思の力でどうにかしようとしても無理です。それを周りが非難しないでください。理性がきかないのか、って言われてもきかないんです。だってホルモンのせいですから。言い訳ではありません、できないんです。だから、対策をとるのです。

イライラして人に当たって喧嘩になって、そのあと反省したって良くなりません。ごめんなさいと言っても、体の対策をとらないとまた同じことを繰り返します。心で反省するだけでは何も解決しません。もちろん相手に対してごめんなさいを言うのは大切ですが、そのあと、対策をとるのが一番重要です。

本人だっておそらく死にたくないし、殺したくない、殴りたくないし、無視したくない。でもどうしても心が言うことをきいてくれない。どうしたらいいの? 助けて!

必要なのは、栄養です。心の栄養の前に、体の栄養です。ミネラル、ビタミンの豊富なものを食べてください。ステマみたいですが、わたしの場合はそれがブラックストラップモラセスでした。

離婚する前に、奥さんに栄養を与えてください。死ぬ前に、栄養をとってみてください。

そして心が落ち着いたら、PMSについて調べてみてください。そして、親やパートナーがわかってくれないのなら、ネット上にあるいろんな体験談を見せてみましょう。あなたひとりの声ならば「甘え」といわれても、世界中にPMSに苦しんでいる人、そしてそんな人を親に持って苦しんでいる子どもがいるのです。それを全否定しないで、とわたしも言いたい。

世界中の女性のPMSが軽減されると世界はもっとずっと平和で穏やかになるとわたしは信じています。

メリディアン モラセス 350g
アリサン
売り上げランキング: 47,040
広告

2件のコメント

  1. 月に一度、豹変し娘と私に当たる妻、7年間、耐えましたが、私も精神的に疲れ果てた

    時に、こちらのページにたどり着きました。妻は精神病扱いされるのが嫌でかたくなに病院に

    行きたがらないので困っておりました。

    症状は、あなた様に近いものがあると実感しました。

    色々と参考にさせて頂きたく思います。

    いいね

    1. コメントありがとうございます。

      PMS/PMDD持ちの奥様と暮らすことに疲れ果ててしまう、と。過去の自分を思い返して、自分が家族にどれだけ辛い気持ちを味合わせていたのかと、とても苦しい気持ちになります。

      PMDDの対策としては、精神科でSSRIを処方してもらう、というのもあるようですが、わたし自身はそれは単なる対症療法であって根本的に治っているわけでない、と思い、体に気を遣うところからはじめました(わたしも自分が精神病だと思いたくなかったのかもしれません)。時間がかかるかと思いましたが、対策をとってすぐ、効果を感じました。女性の体は生理のサイクルで新しく入れ替わっているというのにすごく納得です。次の生理サイクルからもう別の人間みたいになりました。

      奥様が本当に精神を病んでいるのかどうかわたしにはわかりませんが、もしそれがPMDDによる精神症状だとしたら、病んでいるのは精神ではなく、体です。離婚をしたりけんかをしたりする前に、奥様自身にそれを理解してもらうのが先だと思います。精神病ではない、ホルモンや栄養の問題かもしれない、というスタンスで話して、奥様自身が自分の体、ホルモンについて気にするようになることが、何よりも重要だと思います。

      PMS/PMDDだからといって人に当たることは許されません。でも、それを周りが非難しても、本人が反省しても、何も解決しません。対策をとって、少しでも改善していくこと、それが必要なことだと思います。

      奥様の体調が少しでも良くなり、toshi様、お嬢様が辛い思いをすることが少しでも減ることを、心から祈ります。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中