PMS対策としてピルを飲み始めるか否かを迷う

PMS対策をとってきて,ずいぶん楽になってきたけれど、やっぱり不安定なこともあり、ピルをのもうかなぁとすこし考えはじめた。追加でホルモンをカラダにいれるのは怖いな,というのはやっぱりあるけれど、1、2か月試してみてもいいかなと思っている自分もいる。

そう思いはじめたきっかけは,鬱っぽい気分。ホルモン剤の入っていそうな食肉や牛乳を避けることにより、生理前のイライラや怒りと言った症状は出なくなったのだけれど,落ちつくを通り越して鬱っぽくなってしまうことが重なったため。

実は私は出産前も数年ピルを飲んでおり,その間はそれほど鬱っぽくなることも少なく(全くなかったわけではない)、なんだかキラキラしていたように思うのです。まぁ、若かったというのもあるし、過去を美化しているだけかもしれないけれど。

現在のパートナーに出会ったのもそのキラキラしていた時期で,今の私は、その頃の私に恋してくれた彼をだましているみたいで申し訳ない気持ちになる。

プラシーボでもいいから気分の波がよくなるといいなぁ、という淡い期待でピルをはじめるかどうか,考えているところな訳です。

以前ピルを飲んでいた頃は,副作用なんてあんまり気にしていなかった。生理痛も生理も楽になるし,気分の波も少ないし,自分主導で避妊ができるといいことづくめだと思ってた。でもPMSを発症してから、ホルモンって甘く見たらいけないな,ということを実感しており、以前のように何も気にせずピル、とも飛びつけない気持ちもある。

ピルの副作用

  1. 血栓ができる可能性がある
  2. 悪阻のような症状が出ることもある
  3. 頭痛、めまい、胸のハリ
  4. 不正出血
  5. 性欲減退

血栓は模試の腕できてしまえば脳卒中になって死んでしまうかもしれないけれど、可能性は低い。悪阻のような症状や頭痛、めまいについては、ピルを飲まなくても排卵期やPMS期には不快な症状があるので,どっちもどっち、まぁ耐えられるとは思うし,以前飲んでいたときにはそれほどきついものは感じなかった。

性欲減退については、いまも排卵日以外はほぼ性欲はないし、排卵日のもなくなったらちょっと悲しいけれど、それほど問題視していない。他のピルに切り替えるとその副作用が消える場合もあるらしい。

ピルを飲むことによって鬱になるひともいるようで、その場合は他のピルに切り替えても効果はあまりないらしい。そもそも今の私の問題は、不自然な形(食べ物に含まれている)のホルモンを避ける(たぶん本来自然な形の食事)と鬱になる、ということ。だから鬱っぽいのが悪化するなら意味はない。

どうしようかな。

ここ1年ほどのあいだに、食べ物に含まれているホルモンを調整するだけでカラダにすごく変化があったので、ホルモン剤であるピルでホルモンを追加することに躊躇しているというところ。

それに、ピルをやめた直後は妊娠しやすいとも言うし、試してみるのもいいかなーとも思う。

次の生理までに決めようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中