満月排卵新月生理サイクルに戻ってきた

数ヶ月前に実験のために1か月ほどピルを飲んでみたときに若干生理周期にずれが出ていたのが、徐々に満月排卵、新月生理というサイクルに戻ってきた。今回は怒り方面のPMSなど、エストロゲン過剰気味な症状が出ていなかったにもかかわらず、生理周期が27日と、いつもより少しだけ短かった。そのため、生理の開始が新月の夜の翌朝、となった。

自然ってすごいなー、と、素直に感じる。

PMS云々といいつつ、このようにとても自然なサイクルになっているということは、決して悪いことじゃないんだろうな、と感じている。生理周期と月の満ち欠けについて、なんとなく「怪しいスピリチュアルなことを言う人が言ってそう」というイメージがあったが(いまもある)、でも実際に自分の体で感じてみると、いやこれは絶対に関係している、っていうかしていないわけがない、と思ってしまう。

月の本―perfect guide to the MOON
林 完次
角川書店
売り上げランキング: 32,316
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中