卵胞期、腹痛&腰痛に襲われている

生理が終わった直後の昨日、朝、ちょっとした下腹部痛(足の付け根の上くらい)と、ヘルペス再発する前に感じるようなぴりぴりとした皮膚感覚を感じて、排卵にはまだはやいはずなのになぁ、と思っていたら、朝食の頃にはけっこうひどい腹痛と腰痛に襲われた。

そのまま、一日中腰痛&腹痛。一晩寝た今日も、また腰痛&腹痛。横になっているとずいぶんラク。

まだ排卵前なのでこれはPMSではない。

もともと腰痛持ちなので、また腰痛か、と思いつつ、今回は腹痛も一緒にあるので、この腰痛はなにか内蔵からきているのでは、と不安になっている。

下腹部痛はほとんど左側。右側も何となく痛い気がするけれど、ちょっとだけ。そういえば先月の排卵期は右側が痛かった。しかも排卵後1週間くらいにまた排卵痛みたいなのがあった。関係あるだろうか。

それから、まだ排卵前で満月でもないのに淫夢で目覚めた。たいてい淫夢は満月の朝か排卵日(大体その二つが同時)にみる。

先月の生理は若干重めだった。その前の周期2、3回はプロゲステロンクリームを使ったのだが、前回は使わなかった。生理初日から比較的多め(プロゲステロンクリームを使っているときは初日はすごく少ない)。

モラセスは、ちょっとさぼりつつも、全然食べないわけではなかった。生理前のPMSはなし、怒りも鬱もなかった。2年近くモラセスを食べてきて感じるのは、モラセスはホルモンをどうこうするわけではないってこと。PMSの精神症状の原因が、栄養不足にある場合、すごく効果的だし、それでかなり改善すると思う。でも、モラセスを食べていれば生理が軽いかって言うと、そういうわけではなさそう。つまり、エストロゲン値を下げる効果はあまりなさそうな気がする。

以前にもあったのだけれど、PMSがひどいこととその直後の生理の重さに必ずしも関係があるわけではない気がする。

前回、日本に滞在していたときも似たような感じだった。PMSが全くなかったけれど、生理が寝込むくらいに重かった(今回は寝込まなかったけれど量が多かった)。その時は、ブラジル産の鶏肉をたくさんたべた。今回は、排卵後にも生絞りザクロジュースをたくさん飲んだ。

ザクロにもエストロゲン的な何かが入っていると言われているけれど、まだちゃんと調べたことがなくて、オイシイし飲んじゃえ、とかなり飲んだ。

いま、排卵痛のひどいのみたいな下腹部痛と腰痛でベッドに転がってこれを書いている。そして、いろいろググっているのだけれど、卵巣ももの言わぬ臓器系らしくて、痛いってことはけっこうヤバいらしい。これが卵巣の痛みじゃないといいなぁ。

子宮や卵巣の病気の原因はエストロゲンであることが多いらしい。だから、エストロゲンを下げるプロゲステロンクリームがよい、ということみたい。本当は排卵後に塗るべきプロゲステロンクリームを、さっきちょっとだけ塗ってみた。これでエストロゲン値がちょっと下がったら痛みが治まったり、あるいは生理周期がちょっとだけ伸びたりするのかなぁ、という実験のため。

まあとにかく、婦人科検診を2年くらいやっていないので、来週病院にいってこようと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中