鶏肉が生理に影響する理由はなんだろう

私の体を使っての実験の結果、タイ産、ブラジル産の鶏肉では、生理がすごく重くなったり、排卵日に這いつくばるほどの激痛に襲われたり、ということがほぼ必ず起こることがわかっています。

それを、私はずっと「鶏肉を育てるのに使われている成長ホルモンのせい」だと思っていました。ブラジルは使っていないって言っているけれど、でも私の体が、ブラジル産は安全じゃない、って言ってるもん、と、まあ、非科学的な反応をしていたわけです。

でも、はた、と思い立ったのです。

成長ホルモンって、寝る子は育つ式のもので、性ホルモンとは別物だよね? なんで今まで気づかなかったんだろう。

で、調べてみました。海外産の鶏肉からはエストロゲンが検出されている、というのは本当っぽいのです。でも、エストロゲンをブロイラーの鶏肉を育てるのに使うのは特に意味がないようで(早く成長するわけではない)、実際使われているのは成長ホルモンらしいのです。

じゃあ、そのエストロゲンはどこから来たのか、というと、鳥産が食べている餌。もともとはエストロゲンでいっぱいおっぱいを搾り取られた牛さんたちの肉や骨、ということのようなのです。

つまり、多分、ブラジル政府が言う通り、ブラジル産の鶏肉には成長ホルモンは与えられていない、のかもしれません。でも、ブラジル産の鶏産たちが食べているご飯に、エストロゲンがいっぱい含まれているのかも、しれない。

もうそこまで行くとよくわかりません。メーカーに問い合わせても「成長ホルモンは使っていません」っていうでしょう。そしてそもそも、私の生理に影響しているのは、成長ホルモンじゃなくてエストロゲンなんだろう、と思います。

ということは、メーカーに問い合わせるべきは、成長ホルモンを使っているか否かではなく、どんな飼料を与えているか、ってことなんだろうと思います。ああ、今まで、目の付け所が間違っていたのかもしれない。

今まで娘には学校給食で鶏肉を与えていませんでした。今回転校して、鶏肉問題で、先生方が安全なお肉(私も知っている、一般的に安全だと言われているブランドの鶏肉)のみを使っている、ということだったので、自分の判断で食べても良いことにしました。

でも、一抹の不安。メーカに飼料について問い合わせようと思います。また、次の生理周期は、自分の体を使ってそのブランドの鶏肉を食べて実験してみようかと思っています。それで這いつくばることになったら大変なので、一応仕事のスケジュールを見ながら。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中