ぷんぷんままちゃんじゃなくなった

2年半ほど前の私は、まるで鬼でした。生理前に限り。

朝起きると、理由もなく起こっているのです。体の中から怒りが爆発していて、家事をしながらほうきやしゃもじでその辺をぶん殴ってバキバキにしたりしていました(いまだに欠けた木ベラを使っています)。子供が2歳になる前くらいから始まったそれは、今までの人生で感じたことのないほどの衝動でした。

衝動的に子供を殺めてしまう母親のニュースを見て、全く他人事じゃない、とぞっとしました。私だってやりかねない。子供殺しの母親と、まさに紙一重のところにいる、と本当に怖くなりました。

その怒りの衝動の中にいながら、「この怒りに理由はない(子供や誰かのせいではない)」ということは冷静に理解していて、なにかこれはおかしい、異常だ、と調べ始めたのがPMSとの付き合いの始まりでした。

生理周期はだいたい一ヶ月なので、毎月いろんな実験をしました。周期ごとに特定の食べ物を食べたり、避けたり、そういうことをくり返えして、総合的に一番効果が感じられたのがブラックストラップモラセスでした。そして、安全だと安心できる肉以外を避けること(オーガニックやグラスフェッドとある肉以外)、あとはヨガ(シヴァナンダヨガがよかったです)。

アリサン モラセス 350g

アリサン モラセス 350g

posted with amazlet at 16.01.19
アリサン
売り上げランキング: 8,014

それでも1年半くらい前までは、ときどきモラセスをさぼると、やっぱりイライラプンプンすることがあって、その度に娘が「ママちゃんモラセス食べてー。プンプンのお薬食べてー!」というものでした。ママの絵を描くと、プンプンしているママだったりしました。

最近、ママに関する絵本を何冊か買って一緒に読みました。中身を確認できないままアマゾンのレビューをもとに数冊買いましたが、読んでみると「ママは怒るからきらい」「ママが怒鳴った」から始まって、さいごは「やっぱりママが好き」と終わるものたちでした。

それを読みながら、娘に「ママ、怒る?」「ママ、怒鳴る?」「ママに気持ち言えないことある?」と娘に聞いてみたところ、「んーん」という答えが返ってきました。

2年前は、いつも怒っているプンプンママちゃんだったのですが、今の娘の中で私は、あんまり怒ることがないママ、になっているようでした。フルタイムで仕事を始めてからは一緒にいる時間も減っているので、その影響も気になっているところですが。

モラセスさん、ありがとう…

PMSになったおかげで、自分の体とか、気持ちとか、そしてそれらが娘に及ぼす影響とかを比較的冷静に考えられるようになったおかげで、今があるんじゃないかなぁ、と思います。あそこまでひどい怒りの衝動じゃなかったら(ちょっとした不調程度だったら)、何かがおかしいってことに気づかなかったかもしれません。

怒ると叱るをちゃんとわけてわかりやすく表現できるようになるのが目標です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中