児童書

ルナールの「にんじん」は毒親による虐待の話

にんじん (こども世界名作童話)
田村 セツコ ジュール・ルナール サレナ・ドラガン Jules Renard
ポプラ社
売り上げランキング: 868,370

こども世界名作童話をセットで買ったので、それに含まれているルナールの「にんじん」を寝かしつけに読んだ。

これはひどい。

母親による精神的虐待によって回避型に成長してしまった「にんじん」の話だ。父親はわかりやすい虐待はしていないけれど、母親がにんじんを酷く扱っても助け舟を出さない時点で、父親も虐待の加害者だ。でも、主人公「にんじん」は、父親は直接的に意地悪をしないので、加害者だと思っていない。

父親自身もおそらく回避型の傾向がある上に、にんじんに対する愛情表現もほとんどない。おそらくにんじんの気持ちを汲み取るとかもできないタイプだ。それでもにんじんはお父さんからの愛情を求める。

お兄さんとお姉さんのいる末っ子のにんじんは、母親に嫌われていて、ことごとくいじめられている。人前で辱められ、意味もなく叱られ、食べ物だって他の兄弟より与えられていない。父親からもらったプレゼントを取り上げられ、家の仕事を言いつけられる。

それでも最初の頃は、健気に、母親に愛されようとする。そして、父親にも愛されようとする。一生懸命頑張るが、愛は返ってこない。本の最後では、父親に「お母さんが嫌いだから一緒に暮らしたくない」と訴える。そして父親に「お父さんがお母さんを好きだと思うのか」なんて言われる。

まさに毒親。

辛すぎる。

こんな扱いを受けたら、愛着がズタボロになるのは当然で、にんじんはすでに相当回避型の傾向がある。

最後に幸せに終わるのかと思って寝る前に全部読んでしまったが、最後も悲惨で、これは子供に読ませていいものかどうか、というレベルで考えてしまった。

あとがきに、これはルナール自身の子供の頃の話に基づいている、というようなことが書いてあって、ああ、なるほど、と思った。母親の酷い扱いを、文学にして全世界に晒してやろうという怒りみたいなものなのかもしれない。

広告

6歳向けファンタジーじゃない本

前にも書いたけれど、ファンタジーじゃない子供の本ってなかなか難しい。

モンテッソーリ的には、小さい子供はファンタジーに触れるべきではなく、ファンタジーを楽しむ前に現実世界に対する確かな理解が必要、という。それができてから、ファンタジーの世界に楽しむべき。

しかしファンタジーじゃないこどもの本っていうのがなかなかないから、ついファンタジーものを与えてしまう。言ってしまえば、映画も、ディズニーだって、日本昔話だってファンタジーだらけだ。このあいだ孫悟空を読んでいたけれど、もうアチこと、ピューンて飛んでくし、ちっちゃくなったりおっきくなったり忙しい。

いま6歳。未だに「Mr.Wonka(チャーリーとチョコレート工場に出てくる人)ってほんとにいるの?」とか聞いてきたりするので、若干まだクリアじゃないんだろうと思う。

しかしなかなか、難しいよね、ファンタジーじゃない子供の本、図鑑系を除くと。6歳なので、それなりに物語性があるもので、自分で読めるものと、読み聞かせに適した、ファンタジーじゃない本を探している。

誰かオススメ教えてください。

ちなみにこの辺が私のオススメ。

英語

「Alfie」シリーズ

3歳くらいの頃に読んでいたもの。ただ、本によっては長めの話もあって、6歳の今でも十分いける。自分で読むなら始めどきかな?

Alphie's Alphabet (Alfie)
Alphie’s Alphabet (Alfie)

posted with amazlet at 14.06.30
Shirley Hughes
Red Fox (2013-03-18)

日本語(または日本語訳)

「きかんぼのちいちゃいいもうと」シリーズ

ほとんど字なので今はまだ読み聞かせ用。時々ある、酒井駒子さんの挿絵が素敵。

ぐらぐらの歯 (世界傑作童話シリーズ)
ドロシー エドワーズ
福音館書店
売り上げランキング: 184,082

「ロッタちゃん」シリーズ

ちいさいロッタちゃん (世界のどうわ傑作選( 2))
アストリッド=リンドグレーン
偕成社
売り上げランキング: 152,115

筒井頼子さんの本

筒井頼子さんと林明子さんのコンビの本たち。ファンタジーじゃなくて、初めてのお使いとか、引越しとか、お出かけ、とか、子供の日常の中にあるちょっとした冒険が丁寧に描かれていてとても素敵。

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
筒井 頼子
福音館書店
売り上げランキング: 3,026
あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)
筒井 頼子
福音館書店
売り上げランキング: 5,777
とん ことり (こどものとも傑作集)
筒井 頼子
福音館書店
売り上げランキング: 13,543

外国のお嬢さんがみなしごになったり貧乏になったりて苦労しつつ幸せになる系(世界名作童話シリーズなど、子供向けに短く分かりやすく訳されているもの)

昔の欧米のお金持ちの子供達は、愛着に傷を抱えるケースが多かったんじゃないかと思ってしまう。

秘密の花園

ひみつの花園 (こども世界名作童話)
フランシス・ホジソン バーネット
ポプラ社
売り上げランキング: 461,212

あしながおじさん

あしながおじさん (こども世界名作童話)
中山 知子 田村 セツコ ジーン ウェブスター Jean Webster
ポプラ社
売り上げランキング: 492,497

アルプスの少女ハイジ

アルプスの少女ハイジ (こども世界名作童話)
ヨハンナ・スピリ 若林 ひとみ
ポプラ社
売り上げランキング: 713,116

若草物語

若草物語 (こども世界名作童話)
オルコット 蕗沢 忠枝
ポプラ社
売り上げランキング: 678,758

日本語で、非ファンタジーで、日本が題材のものってありますか?

6歳、自分で本を読み始めた

日本に住んでいなくて、身近に日常的に会う日本人もほとんどいないという環境の私たち。小さい人の日本語をなんとかするのはほとんど私の役目なわけです。ちなみにうちにはテレビもないので、日本のテレビを見たりとかいうこともほとんどありません。

今の所、小さい人の日本語能力、特に会話については問題ないんじゃないのかなーと楽観しています。たまに日本に行くと、同じくらいの子の語彙や敬語の使い方に「うちの子足りてない!」と焦ることもしばしばですが、私の言っていることはすべてわかるし、自分のこともだいたい日本語で表現できます。英語と日本語ではどちらも同じくらいと本人は言っていますが、独り言がほとんど英語なので、頭の中は英語の方が若干多いのかな? と思っています。

さて、問題は読み書きです。こればっかりは、日常的に喋っているだけではなんともならないので、読んだり描いたりする必要があります。ひらがなは前からだいたい読めるのですが、カタカナは怪しいし、ひらがなでも「ち」と「さ」とか似ている文字は怪しい。

本は小さい頃から身近にありますが、絵本ばっかり、あるいは、私が読み聞かせするばっかりで、まだ自分で読む、ということはありませんでした。

さて、6歳。そろそろ自分で読んでくれよ、というわけで、大きめのひらがなばっかりで書かれた本を買って、車の中に放置しておいてみました。毎朝学校まで30分弱のドライブです。その間、暇です。本を手に取ります、そして、自分で読み始めました。今読んでいるのはこれ。

 

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)
中川 李枝子
福音館書店
売り上げランキング: 3,517

実は私まだ自分で読んでいません。小さい人が、車の中で声に出して読んでいるのを聞いて、ふん、ふん、と言っているところです。1日数行から1ページのペースですが、ここ数日は毎日読んでいます。

それから、「こども世界名作童話」シリーズも買って見ました。これもじが大きくてひらがなとルビが振ってあるので、多分、読めます。今のところ、寝かしつけに私が読んでいますが・・・

くるみわり人形 (こども世界名作童話)
エルンスト・テーオドール・アマデーウス ホフマン 深田 甫
ポプラ社
売り上げランキング: 344,185

「くるみわり人形」ってこんな話だったんだっけ・・・結構色々突っ込みたくなる話でした。

それからまだ届いてないけれど、こまったさんシリーズも買って見ました。

こまったさんシリーズ おはなしりょうりきょうしつ 全10巻
岡本颯子 寺村輝夫
あかね書房
売り上げランキング: 113,793

あとは、手塚治虫の豆コミックを買ったのですが、今の所絵を見てるだけらしいです。二人でベッドに転がってブラックジャックを読んでいます。そのうち字も読んでくれるといいな。

ミニコミ 手塚治虫 漫画全集 Vol.1 200巻 特別限定セット BOX
セガトイズ (2007-01-27)
売り上げランキング: 6,738

ひらがなばかりで書かれている本で、6歳が読めそうなのは他に何があるかな? 自分が6歳の頃、何読んでいたのか覚えていません・・・・