自分の体調記録

健康診断の結果にショック

この間、健康診断を受けてみました。基本いつも基準値内で健康な人なのですが、今回は違いました。

コレステロールと中性脂肪が高かったのです。コレステロールはこの国の基準ではちょっと高め、日本の基準では基準値内でした。が、中性脂肪に至っては、危険レベルに高い。確かに最近太ったなって感じていましたが、こんなにひどいとは。

身長がそこそこあるので、1キロ2キロ太ったくらいじゃあまり変わりません。今回は5キロ近く増えて、それが戻らないのが1ヶ月以上続いています。

びっくりした。ショック。

もともと食べ物も比較的脂っこいものは好きじゃないし、甘いものは食べないし、デブって言うほどデブじゃない。お酒もほとんど飲まないし、タバコも吸わない。自分では健康なつもり。

でも、この太った時期に合わせて、久しぶりにイライラしたり気分が落ち込んだり、ホルモンの影響をすごく受けている感じがした。体調が良くない日も多くて、なんかおかしいなぁ、って感じていたところにこれ。

で、考えてみた。

  • 炭水化物結構好き
  • お菓子は食べないが、果物いっぱい食べる
  • 7時に夕食を食べて子供を寝かせるついでに8時半くらいにはベッドでゴロンしている
  • 以前は朝起きるとお腹ペコペコだったけれど、最近朝起きてもお腹減ってない
  • サプリとかさぼってる
  • 青魚なんて食べてない・・・

やばいです。

フィッシュオイル食べなきゃ。コレホシイ。

ディアナチュラゴールド EPA&DHA [機能性表示食品] 30日分 180粒
アサヒグループ食品 (2015-09-24)
売り上げランキング: 203

以前はiherbでサプリを買っていたのですが、この国のカスタムと仲が悪くなったのか、DHLでの配送を辞めてしまったらしく、それ以来サプリも買っていません。現地で買うとすごい高いし。

中性脂肪を下げるためにはお茶らしいのですが、どうやらマテもいいらしい。アルゼンチンから持ってきたマテがまだ残っているので、せっせとマテを飲むことにしよう。

タラグイ マテ茶 レッドパック レギュラーテイスト(茶葉・茎入) 500g
アキュウェル・コーポレーション
売り上げランキング: 41,347

7 minut workoutなどやってみている

最近ヨガやってません。ヨガをやろうとするとまあ1時間くらい必要です。シヴァナンダヨガを真面目にやろうとすると1時間半から2時間。そんな時間はない。

フィットネスに通うとか、ランニングに行くとか、そんな時間はないし、行くためには小さい人を放置(ナニーはつけますが)することになる。

でも運動不足と筋力の低下を感じていたので、筋肉ムキムキの同僚に相談して見ました。返事は「スクワット」だそうで、調べてみると「30日スクワットチャレンジ」なるものが流行っているとかで、やってみることにしました。

初日は50回から始まって、毎日ちょっとずつ回数が増えて、30日終わる頃には1日300回以上やる、というやつらしいです。30日でプリプリのお尻が手にはいる、という噂です。

こういうの。

結果。22日目で挫折しました。なんだか旅行に出たか何かで挫折したのですが、50回ならまだしも、一日200回もスクワットするのは、結構タイムコンシューミングなわけです(言い訳です)。

体に出た変化は、お尻がプリッとしたかどうかはわかりませんが、太ももがどっしりしました。座った時とかに、筋肉のクッションがある感じ、骨が肉に守られてるような安心感。以前は贅肉がベチャーっと潰れて骨が椅子に押し付けられる感じです。

30日チャレンジは挫折しましたが、それでも毎日ちょっとずつはスクワットをしていました。でも、スクワット飽きた。

そんな時に、別の友達が勧めてきたのが「7分」というエクササイズです。12種類のエクササイズ、それぞれ30秒ずつ行い、それぞれのエクササイズの間には10秒の休憩がある、というものです。1セットやって汗だくになりますが、90キロカロリーくらいの消費だそうです(アプリによると)。

こういうの。

まあ、やってみました。そして今もやっています。だいたい3週間くらい。

スクワットだけしていた頃に比べて、飽きません。結構楽しいです。きついな、と思った頃には次のエクササイズになるので、結構できてしまう。朝起きた途端にやっています。7分とは実に微妙な時間で「時間がなかった」という言い訳はできないくらいの時間です。

体に出た変化は・・・

太りました。太ももの間がしっかりくっつきました。今、人生で一番重いです(妊娠期を除く)。太ももを中心にガッチリしてきたからだと思うのですが、なぜか、お腹周りの肉もついたし、おっぱいも若干大きくなってきました。つまり、太ってきたってことです。最初はあまり違和感を感じていなかったのですが、この後は若干居心地の悪さを感じる程度には太ってきています。

筋肉と贅肉って同時につくもんなのかな?

ちなみに、食事制限とかは一切していません。そもそも、ダイエット目的で始めたのではなくて、脚を強くしたかったのがきっかけなので、一応目的は達していると思います。

しかしこれ以上重くなるとまずいので、贅肉は増やさないで減らす方向で行きたいのですが、どうするべきか・・・

ちなみに、スクワットチャレンジも7 minuteも無料のアプリがいろいろあるので、アプリを使ってやるのをお勧めします。

ブラックストラップモラセス抜きの不調

現在出張中、2週間目です。モラセス持ってくるのを忘れました。あんなねっとりした液体の入った瓶をスーツケースに詰め込む気がしなくて、まあ現地で買えるだろうと思って持ってきませんでした。

ところがそう簡単に入手できないわけです。旅行あるある。

一応念のため、ブラックストラップモラセスのカプセルも持ってきたのですが、これは過去の実験からも明らかなように、本物のモラセスほどの効果はありません。

今回出た不調。

ヘルペス&爪がボロボロ。両手合わせて5本くらい爪が割れたり折れたりしました。こんなの久しぶり。

出張中のためほぼ外食続きで、若干栄養が偏っているというのもあるかもしれません。とはいえ、朝は果物とオムレツ、ランチはそれなりに野菜がたっぷり、お肉もたっぷり食べているので、決して「毎日ピザ食べてる」とか「毎日ラーメン」みたいな感じではありません。

ものすごーくちょっとづつ生理になりました。ちょっと満月には数日早い。PMS期の怒りはありませんでした。

生理の重さ、PMSの酷さは、前回の生理中にどれだけエストロゲン様物質を取るかに影響される様な気がします。

本日、たまたまヘルスフードストアを発見して、モラセスを入手しました。今回は初めての南アフリカ産。しかも、「こういうのあったらいいのになぁ」と思っていたチューブタイプです。瓶からスプーンですくうというのは衛生的にも利便性からもあまり良くないなぁと思っていたので、これは嬉しい。お土産にいっぱい買って帰ろうかかな。600円くらいだし。

体調がもどるといいなー、と願いつつモラセスを食べました。単なる体調記録でした。

フルタイムで仕事に復帰したら生理周期が延びた

在宅勤務やニート母親だけをやっていたころは、満月排卵新月生理という生物としてとても自然なサイクルになっていた私の体ですが、フルタイムで仕事をするようになって、生理周期が32日程度(妊娠前にフルタイムで働いていた頃と同じ)になりました。

イライラもありません。でもなんというか、自分エストロゲン足りていないな、って感じがします。女性的な感じがなくなってなんだか痩せてしまったし、全体的にパサパサな感じがします。

仕事はとても楽しくて、ストレスやプレッシャーはあまりありません。いや、あるかなぁ、期待に応えようと思う気持ち。基本的にとても働きやすい職場で、人間関係も良好です。仕事に復帰して、自分と子供を養えるだけの収入を得られるようになって、とてもとても幸せです。

自分で自覚しているストレス要因は、通勤です。電車その他を組み合わせて片道30から40分。これが結構ストレスになっているような気がします。

豆乳やざくろを避けてきたけれど、ちょっとは外から投入してやらないといけないような気もします。自分の体で十分にエストロゲンを作れていない感じ。

以前はエストロゲン多すぎで困っていたのに、今度は少なくて困っています。体って本当にいろんなものに影響されているのだなぁ。

次の生理ではどんな実験をしようかな。

寒い冬にモラセス生姜湯

今実は日本に来ている。しかも、40年ぶりの大寒波も来ているらしい。風邪ひきそう。

喉がイガイガし始めたので、これはやばい、とおもって生姜をおろして蜂蜜とお湯で生姜湯を作った。で、寒くて硬くなって食べるのが面倒になっていたモラセスが目に付いたので、生姜湯にモラセスもとかしてみたら、まずまずの味。

モラセスは体にいいのだけれど、決しておいしいものではなくて食べ続けるのが面倒になる。いつもはスプーン一杯を無理やり水やジュース(ビタミンCが含まれているもので飲んだほうが鉄の吸収が良い)で流し込むが、寒くなるとモラセスは固くなるし、しかも瓶の底の方のやつはなおさら硬いので、まずい気持ち悪い塊を飲み込むことになって、時々おえっとなる。

で、体調が悪くないと、ついついサボってしまって、次の周期に不調になる、の繰り返し。だから、まあまあおいしい、というレシピを幾つか覚えておいて損はないかな。

ということで、冬におすすめ。モラセス+生姜+お湯(多分蜂蜜とかレモンとかゆずとか入れてもおいしいのかな…?)。

今現在モラセスはもう空っぽになりそうで、瓶の底に残っているだけ。もうすぐ出国するので一本買う気がしなくてケチって食べてる。

そんなわけで、ちょっとモラセスは真面目に食べていない。でも、全然食べていないわけではなくて、少なめにたまに食べてる。

今回の排卵期は、関節痛がちょっとだけあった。といっても本当にちょっとで、立ち上がるときの足首の痛みを数回感じたくらい。最近感じていなかったから、あ、これはモラセス不足だな、って思った。風邪もひきそうだし、これは栄養が足りてない。

明日から大寒波らしいので、みなさんお気をつけて。

アリサン モラセス 350g
アリサン モラセス 350g

posted with amazlet at 16.01.22
アリサン
売り上げランキング: 4,524

排卵位週間前の湯葉懐石

現在排卵1週間前。湯葉・湯豆腐懐石料理をいただきました。とっても濃厚な豆乳で作る引き上げ湯葉に柔らかいお豆腐。豆腐田楽に、豆乳プリンに…ああ美味しい。

とっても美味しくいただいたのですが、懐石料理も終わりになって、はっと「これはやばいんじゃないか」と気づきました。

今まで、生理中(排卵1週間以上前)に豆乳やざくろジュースを飲むと、排卵が早まったり、排卵痛がひどかったり、生理が重かったりしました。今回はもう生理1週間前。この時期の豆乳尽くしはどんな感じに影響するのか気になります。今の所、生理後排卵までの間に豆乳摂取の実験はしたことがありませんでした。

大豆製品やザクロを生理開始直後から数日(つまり月経中)ちょっと多めに食べると、卵ちゃんがはやく熟して排卵が1週間程度短くなる(つまり生理周期が1週間短くなる)、という結果が得られています。また、生理中のイソフラボン摂取よりは実験回数が少ないのですが、月経終了後に豆乳をとると、排卵が遅れます。そして、たいてい生理から排卵までの間にイソフラボンやエストロンを摂取した場合、排卵日の症状がすごく辛くなります。

豆乳は生理不順やPMSに良いということが言われていますが、体感的にはかなり調整が難しいな、と感じています。日常的に豆腐、味噌汁、納豆などで食べている分にはあまり影響は感じませんが、豆乳を飲んだり、ざくろジュースをがぶがぶ飲んだりするとかなり影響が出ます。

さあ、今回はどうなることか。人体実験面白いです(時々辛いけど)。本当は今回は国産鶏肉実験をするつもりでいたのですが、この湯葉懐石で実験結果にかなり影響が出てしまうと思うので、国産鶏肉実験は残念ながら中止です。

生理1週間前の危機をプロゲステロンクリームで乗り越えた

いつも同じことを繰り返している。

モラセスを食べる -> 調子が良い日が続く -> モラセスを食べきる -> でも調子が良いし切羽詰まっていない医師買いに行くのが面倒でそのままモラセスなしで暮らす -> 調子が悪くなって焦る

今回もそんな感じで、生理1週間前になって体の底からふつふつと怒りが湧いてくるようになって、こりゃやばい、と気付いた。

そこで、今回はモラセスではなくプロゲステロンクリームで乗り越えようとしてみている。

プロジェステロンクリーム
NOW社
売り上げランキング: 23,468

生理1週間前に怒りを感じ始めたので、毎晩クリームを1プッシュ塗って寝るようにして現在生理2日前。イライラはもう消えている。そしてよく眠れる。翌日まで眠気が残るなら使いすぎらしいけれど、そんなこともなくて気持ちよく眠れる感じ。

本来ならブラックストラップモラセスを食べて健康的な食生活をしておけば大丈夫なのだけれど、まあ、そうずっと健康的にはいられない。最近はヨガも全然やってい… その不摂生の結果のPMSを簡単になんとかしようとするときには便利かもしれない。なんかズルしているみたいだけど。

体調記録でした。

関連記事:プロゲステロンクリームの使い方など

穏やかな生理前と生理

PMSがやばい、生理が重い、排卵痛がひどい、というと慌ててブラックストラップモラセスを食べ、そうして調子が良くなるとまたモラセスをサボり、また、酷くなる、の繰り返しを続けている感じがします。

前回の周期はなんだか調子が悪かったので、今回はほどほど真面目にブラックストラップモラセスを食べました。だいたい毎日、でも時々サボる、という感じ。

アリサン モラセス 350g

アリサン モラセス 350g

posted with amazlet at 15.12.16
アリサン
売り上げランキング: 6,231

なんかモラセスって気分じゃないなあ、という日にはスピルリナを食べました。数ヶ月前に買ったのにまだある、大容量。

スピルリナ100% 【2000粒+400粒増量】1粒200mg(約2ヵ月分)
ジャパン・アルジェ株式会社
売り上げランキング: 84

最近はすっかり忘れてプロゲステロンクリームは使っていません。私の問題はとりあえず食生活を改善すると落ち着くので、本当の全更年期まではプロゲステロ ンクリームは切実には必要ないかもな、と思っています。ただ、食べ物を気にしないならプロゲステロンクリームは必須かも。

プロジェステロンクリーム
NOW社
売り上げランキング: 23,468

それから、しばらく前から復活していたカフェインもまた減らして、普段はデカフェのコーヒーにしている。お酒もたまにしか飲んでいない。

今回の生理前と生理は

  • 直前にちょーっとイライラした(でもわれを忘れるほどではない)
  • 排卵痛はなかった
  • 腰痛がほんのちょっと
  • 生理の始まりはゆるやかにはじまり、2日目3日目でもそんなに重くない
  • 子宮が引っ張られる感の生理痛はほとんどなし
  • いつもある生理4、5日目のイライラもなかった

ものすごい絶好調っていうわけではないけれど、まあ、こんなものかな、という程度には調子が良かった。

最近、仕事や自分のキャリアなどを考えてちょっとストレスがたまっているので、そこはヨガをすべきだなぁ、と感じているけれど全然していない。

なんだかとくにパッとしない記録ですが、一応記録。モラセスを食べておけばなんとなく最悪のことは避けられるというのが実感です。でも、調子良くなるとついさぼっちゃうのが問題。

最近このブログからモラセスを買ってくれている人がちらほらいるので、みなさんにどんな感じに影響があったのかすごく興味があります。もしかしたら私のはプラセボじゃないかとちょっと疑っている部分もあるので…

PMS対策を全く取らなくなったら生理がひどい

やばい。

朝起きたときに身体中の筋肉がきゅむきゅむする。寝ても寝ても寝足りなくて一日中疲れて眠い。マッサージに行きたい、体がだるい。

妊娠前の私だ。酷い時期には睡眠障害で投薬されてた。フラッシュ睡眠を繰り返したりしてた。ああなったらやばい。

ちょっと前に、肉食をやめて生理前に鬱っぽくなったときとすごく似ている。朝起きたときから体の周りに悲しみが漂っている感じ。もう人間やめたい、もうやだ、ってって言ってる。でも今は生理が終わりそうな時期、しかもお肉はちゃんと食べている。今回のPMS期は

今までと違うのは、モラセスをほとんど食べないできた、この2ヶ月ほど。さらにスピルリナも過去1ヶ月食べていない。それと、妊娠出産後、5年ぶりにカフェインを日常的に摂るようになった。いまは、午後にちょっとコーヒーを飲んでも夜眠れる(以前は朝一番にちょっとだけ飲んでも翌朝4時まで眠れなかった)。ヨガもやっていない。

いままで、生理前はいろいろ怒ったり悲しんだりしていたけれど、一旦生理がはじまると一度落ち着いて、4日目、5日目にイラっとするパターンを繰り返していた。今回は、生理になってからの方がイライラしていて、いま5日目。悲しくてイライラしていて人間やめたい。

もうすぐ生理がおわる。これが生理中だけのことであってほしい。

排卵期か腰痛に襲われ中

今回の生理周期、モラセスを切らしてしまって、スピルリナ一本で実験中。

さて、排卵日よりはちょっと遅いかな? と思うのですが、本日起きたときからものすごい腰痛(左側)と睡魔に襲われています。まっすぐになって歩けなくて、おばあちゃんみたいにちょっとかがんだ状態でよたよたと歩いています。左足の神経もぴきーんと痛い。

腰痛の痛さは、前回の生理周期で卵胞が大きくなって腹痛と腰痛に襲われたとき( 腹痛と腰痛のコンボは排卵痛だった)の、腰痛のみってかんじです。腹痛は全然ない。

今回は気をつけて豆乳もザクロジュースも避けているし、お肉はあまり食べていないし、もしかしたら排卵がちょっと遅れてるのかもしれません。前回1週間はやまったので、ちょっとずつ遅れて、2か月くらいでまた満月とシンクロするのかなって感じ。

若い頃からずっとときどきすごい腰痛に悩まされてきたのですが、生理と関係あったのかなぁ…orz 慢性的にずーっと痛いわけではなくて、痛い時期とそうでない時期があるかんじ。最近の生理の記録を見ると、排卵日前後に腰痛を感じていることがずいぶん多いみたい。

どうして整形外科とかの先生は、排卵と関係あるかもよ、なんてことを一言も言ってくれないのでしょう。関係ありそうだよこれ。

ちょっと変な生理周期

今回の生理周期はちょっと変な感じだ。

まず、排卵予定1週間前に排卵日の不調が出て、更に淫夢(排卵日=満月に必ずみる)。その前後ものすごい腹痛と腰痛で病院へ行ったら卵がおっきくなって出てくるときの排卵痛、と言われた。

たぶんザクロジュースを飲み過ぎたせいで卵ちゃんが早く成長しちゃったんだろう、と思って、その腹痛と腰痛が消えた頃(まだ本来の排卵予定日前だけれど、痛みが消えた=排卵したと思った)からプロゲステロンクリームを塗りはじめた。

そして満月、本来の排卵予定日。

また、排卵日の不調、そして淫夢。まさに排卵日って感じ。でも、卵は一週間前にめっちゃ大きくなって出たんじゃないの? 満月だから淫夢、ってなるのはわかるが、体の不調はどうして?

現在、本来の排卵後1週間。1週間ずれていたとしたら生理前。なんだか久しぶりにイラっとしているし、関節痛や手のこわばりみたいなのもでてきた。背中も痛いしなんだかいかにもPMS。

今回は、先月までより多めのプロゲステロンクリームを塗っているが全然眠くならない。モラセスも食べているのにこの不調。今食べているモラセスはいつも食べているのよりとろりとしていて甘いので、スプーン1杯ではちょっと足りなさそうとはいえ、なんかあまり調子よくない。今日は偏頭痛までしてきた。

この2日くらいはモラセスにプラスしてスピルリナもはじめてみた。でもなんか、精神症状はでている。イライラ。叫ぶほどじゃないし、ものをぶん投げたりぶん殴ったりするほどじゃないけれど、間違いなくイライラしてる。

今月は間違いなく鶏肉は食べていない。豚肉と牛肉はそこそこ食べたけれど、いつもに比べて多いわけじゃない。でも、ヨガの先生が忙しくて、今回の周期のあいだに1回しかやっていない。

そういえば生活も乱れてきた。乱れて、というか、たとえば夜はコンピュータをいじらないようにしていたのを、若干いじるようになったし、眠りも浅いし寝付きも悪い。

うぅーん。エストロゲン多めなかんじ、そして、栄養が足りていない感じ。モラセスだけではカバーできないくらい、栄養を何かに持っていかれている。なんだろうこれ。ストレス?

あー、ひとりになりたい。

腹痛と腰痛のコンボは排卵痛だった

週末の、歩くのにも支障が出るほどの腹痛(主に左側)&腰痛、卵巣の病気とかだったらどうしよう! と不安になって診察を受けてきました。内診、触診、エコー検査。

単なる排卵痛でした。

なあーんだ。

排卵痛って、ときどき、チクチクッと痛む程度のはよく感じていたのですが、今回の痛みはひどくて3日近くずっと痛み、歩くのも辛い感じ。腰痛も併発、左側の腿や肘の裏くらいまで神経痛が響く感じ。

『正常な単なる排卵痛』といわれて、ほっとしたものの、これで正常って、女であるとはかくも辛いものか、と若干ショックでした。

今は生理終了直後で、本来なら最も調子のいいはずの時期。この時期を卵が育つ痛みとともに過ごすとしたら…

生理1週目:生理でだるい
生理後1週間排卵まで:卵育つので痛い
排卵期:時には吐き気まであったり
排卵から生理までの2週間:PMS

なんだこれ、いつ調子いいんだ、って感じです。

実際のところ最近はPMSが以前ほどひどくないので、排卵後から生理まではまぁまぁ調子良く過ごせると思います。

ところで、なんでいままでは卵がおっきくなるときに痛みを感じなかったのに、最近は痛むのでしょう。年齢のせいでしょうか。

20代の頃友達とシェア生活をしていたのですが、5つ年上のシェアメイト(当時30代あたま)が、卵が出てくる時ちょっと痛む、どっちから出てくるとかわかるよ、と言ってたのを聞いて、へぇーそんなことあるんだ〜、くらいに思っていました。今私もあの頃の彼女の年を越えました、わかったよ、ようやく、その痛み。

ところで今回エコーでみたのですが、卵が大きくなってる、と言われました。本来なら排卵日まで1週間ちょいあるのにもうこんなに大きくなっているものなのでしょうか。

以前、生理開始直後に豆腐を山のように食べたら生理周期が1週間みじかくなったことがありましたが、今回は生理直前に生絞りザクロジュースをがぶ飲み、その後、生理中も、ときどき1日グラス1杯弱のこちらはパックのザクロジュースを飲んだりしました。鶏肉は食べていません。豆腐はどうだったかな…食べたとしても常識的な量。

ザクロについてちゃんと調べねば…と思った次第です。

成城石井 カリフォルニアザクロジュース100%  1000ml
成城石井
売り上げランキング: 4,887

卵胞期、腹痛&腰痛に襲われている

生理が終わった直後の昨日、朝、ちょっとした下腹部痛(足の付け根の上くらい)と、ヘルペス再発する前に感じるようなぴりぴりとした皮膚感覚を感じて、排卵にはまだはやいはずなのになぁ、と思っていたら、朝食の頃にはけっこうひどい腹痛と腰痛に襲われた。

そのまま、一日中腰痛&腹痛。一晩寝た今日も、また腰痛&腹痛。横になっているとずいぶんラク。

まだ排卵前なのでこれはPMSではない。

もともと腰痛持ちなので、また腰痛か、と思いつつ、今回は腹痛も一緒にあるので、この腰痛はなにか内蔵からきているのでは、と不安になっている。

下腹部痛はほとんど左側。右側も何となく痛い気がするけれど、ちょっとだけ。そういえば先月の排卵期は右側が痛かった。しかも排卵後1週間くらいにまた排卵痛みたいなのがあった。関係あるだろうか。

それから、まだ排卵前で満月でもないのに淫夢で目覚めた。たいてい淫夢は満月の朝か排卵日(大体その二つが同時)にみる。

先月の生理は若干重めだった。その前の周期2、3回はプロゲステロンクリームを使ったのだが、前回は使わなかった。生理初日から比較的多め(プロゲステロンクリームを使っているときは初日はすごく少ない)。

モラセスは、ちょっとさぼりつつも、全然食べないわけではなかった。生理前のPMSはなし、怒りも鬱もなかった。2年近くモラセスを食べてきて感じるのは、モラセスはホルモンをどうこうするわけではないってこと。PMSの精神症状の原因が、栄養不足にある場合、すごく効果的だし、それでかなり改善すると思う。でも、モラセスを食べていれば生理が軽いかって言うと、そういうわけではなさそう。つまり、エストロゲン値を下げる効果はあまりなさそうな気がする。

以前にもあったのだけれど、PMSがひどいこととその直後の生理の重さに必ずしも関係があるわけではない気がする。

前回、日本に滞在していたときも似たような感じだった。PMSが全くなかったけれど、生理が寝込むくらいに重かった(今回は寝込まなかったけれど量が多かった)。その時は、ブラジル産の鶏肉をたくさんたべた。今回は、排卵後にも生絞りザクロジュースをたくさん飲んだ。

ザクロにもエストロゲン的な何かが入っていると言われているけれど、まだちゃんと調べたことがなくて、オイシイし飲んじゃえ、とかなり飲んだ。

いま、排卵痛のひどいのみたいな下腹部痛と腰痛でベッドに転がってこれを書いている。そして、いろいろググっているのだけれど、卵巣ももの言わぬ臓器系らしくて、痛いってことはけっこうヤバいらしい。これが卵巣の痛みじゃないといいなぁ。

子宮や卵巣の病気の原因はエストロゲンであることが多いらしい。だから、エストロゲンを下げるプロゲステロンクリームがよい、ということみたい。本当は排卵後に塗るべきプロゲステロンクリームを、さっきちょっとだけ塗ってみた。これでエストロゲン値がちょっと下がったら痛みが治まったり、あるいは生理周期がちょっとだけ伸びたりするのかなぁ、という実験のため。

まあとにかく、婦人科検診を2年くらいやっていないので、来週病院にいってこようと思う。

モラセスをちゃんと食べていなかったら不調気味の排卵期

31日は満月でしたね。

満月ということは、卵ちゃんが出てくる日です。1日,2日と、なんだかすごくだるくて、眠かったのです。

そういえば最近ヨガは2週間に一度くらいしかしていません。そして、街中のモラセスが友人に買い占められてしまったので、最近は、モラセスっぽい違うものを食べてみていたのです。ボトルにはモラセスとは書いていなくて、でも、今までに見てきたライトモラセスよりはずっとブラックストラップモラセスっぽいどろどろとした液状。実はオレンジジュースに入れてみていたのもこれで、実はモラセスじゃなかった疑惑があります。けっこう甘いし。

そして排卵期。不調です。ヘルペスさんが疼きはじめました。やっぱりあれはモラセスじゃなかったんだ… と確信を持ちました。友人宅からモラセスをゲットしてくるのが急務です。

精神的にはちょっとイラッのような、ちょっと鬱のような。起きられない体の重さ、だるさ、背中の痛み、まっさーじいきたい…というのは栄養不足の印だと思います。そして、生理でもないのに、生理のときのように何となく膣が下に引っ張られるような重さ、足のだるさ。そして関節痛。

うーむ。普段ブラックストラップモラセスを真面目にとっていたら感じない不調のオンパレードです。あのモラセスっぽい液体はやっぱりモラセスではなかったのです…。テクスチャも匂いもモラセスっぽいんですが、ボトルに書いていないってことはやっぱり違うんだろうな。

というかモラセスで補給しないと、そんなに栄養とれていないんですね、私。それなりに野菜も果物もたくさん食べているし、肉も魚も程よく食べていると思います。それなのに… orz私の体がそんなに不安定なのか敏感なのか、それとも、すごく気にしているからいちいちちょっとした不調も気になってしまうのでしょうか。

プロゲステロンクリームでのりきった生理前の記録

生理になりました、27日目。

今回の生理周期はこんな対策をとっていました。

  • ブラックストラップモラセスなし(いつものスーパーで品切れのため)
  • 排卵日から生理までの2週間ほど、毎晩プロゲステロンクリームを使用。
  • ヨガ週1回2時間

結果こんな感じの生理前でした。

  • イライラはほとんどなし。
  • プロゲステロンクリームを使いはじめた排卵後数日は、眠気が増したため、使用量をワンプッシュ(プロゲステロン20mg)から半プッシュ(10mg)くらいに減らしたところ、眠気は出なくなりました。
  • 排卵後1週間くらいの頃、若干の鬱っぽい気分を感じました。ものすごい落ちるわけではないのですが、あ、これはPMS鬱だ、と感じる程度の鬱です。プロゲステロンクリームの使用量をへらし、肉を食べたところ鬱っぽさはなくなりました。
  • 排卵期のヘルペス再発はありませんでした。
  • 排卵前後、背中の痛み(あーマッサージいきたーい! 的な)を感じました。
  • 生理は本のちょびっとうっすら、で始まりました。

この結果から考えたこと。

  • もしかして私はホルモン剤入りのお肉を避けると自分でつくるエストロゲン量があんまり多くないのではないか(安全な肉だけ食べるようにすると怒りはすっと収まりすぐ鬱方面にふれる)
  • プロゲステロンクリームはたぶん効果があるとおもうが、過剰エストロゲン対策をとっているときにはあんまり必要ないかも?
  • たいてい鬱気味になるエストロゲンが足りてなさそうなときは生理周期が32日くらいなのだけれど、今回は27日できた。つまりエストロゲンは足りてる?

毎月の実験の結果、たぶんこれがベストというPMS対策はこれ。

  • 毎日ブラックストラップモラセスをスプーン1杯
  • 過剰エストロゲン対策をとる(成長ホルモンを使っている肉、乳製品、農薬などを避ける)

以前はひどいPMDDだったけれど、今ではもう怒り狂うことはあんまりない。PMSは改善できる、と確信しています。

私が使っているプロゲステロンクリーム。

プロジェステロンクリーム
NOW社
売り上げランキング: 12,954

PMSの救世主、ブラックストラップモラセス。

メリディアン モラセス 350g
アリサン
売り上げランキング: 31,999

生理4,5日目はなんだかおかしい

以前から気になっていたこと。

生理の4日目か5日目に、PMS症状のようなものが一時的に出る。PMS期にモーレツな怒りがあっても、生理になったとたんその怒りが収まってほっと胸を撫で下ろしていると、生理の4、5日目にまた突如怒りがわいてくる。最初は単にその日機嫌が悪かったからだろうくらいに思っていたけれど、毎月のように生理の4、5日目は決まって精神症状がぶり返す。

今月はそれが鬱だった。

それもけっこうしっかり鬱症状。朝起きられない、起きても一日中すっきりすることがなく眠気がついてまわり、無気力で人と目を合わせて会話もできない。自己肯定感が異様に低く、焦燥感に駆られ、人に会う予定はことごとくキャンセルしたくなる気持ち。布団をかぶって寝ていたい、というレベルを通り越し、人生終わりにしたい、くらい感じてしまった。意味もなく涙が出る。当然全く笑顔はないし、家族にすら触られるのがいや、というレベル。一緒にいる家族を傷つけてしまう。

いつものPMSうつならば、肉を食べれば翌日にはずいぶんすっきりしているのに、今回は肉を食べてもダメ。あまりの症状に、PMSとか関係なく本気鬱になっちゃったのかもしれない、と不安になった。

それから数日、鬱症状が続いたものの、徐々によくなり、今では人に会うのが辛い、というのは全然ない。やっぱりPMSの一種だったんだろうか。

実は同じような鬱っぽい状態になったことは何度もある、若い頃に。でも、いつも「気分の波」というか、本当の鬱のように何週間も何か月鬱々としているというのはないので、おそらく本当の鬱の定義にはあたらない。となるとやっぱりPMSか。

今思えば、わたしの過去の人生で最もキラキラして安定していた時期は、ピルを飲んでいたのでPMSなんてなかった。妊娠出産でピルはもうずっと飲んでいない。

もしかしてわたし、今までずっとホルモンに人生振り舞わされてきたのかな… こんな母親に振り回される我が子に申し訳ない。

 

PMS対策を怠ったらまた怒りがちょっと出た

一日中しかめっ面だった、もう人間やめたい、って思ってたら生理になった。

今月はPMS対策がまともにできていない一か月だった。特に生理前。

  • 排卵期のヘルペスはでなかったが、関節痛が出た
  • 排卵痛があった
  • ブラックストラップモラセスはサボりがち
  • ヨガも週1回に激減
  • さらにクリスマスパーティ続きで生理前の数日は毎日のように甘いもの、アルコール
  • 1か月、ほとんど毎日豚肉をなにがしかの形で食べていた(鬱になりたくないと言う気持ちが強かった)
  • ただし食べていた豚肉はオーガニックではない(鶏肉よりはましだろうと思って)
  • 鶏肉は記憶にあるだけで2回。中華料理やで鶏肉の蒸したの食べた翌日に意味もなく怒っていた
  • 乳製品は日常的にはとってないが生理前のパーティ時期のケーキ類に含まれているぶんがけっこうあったと思う

1年前のものすごいキョーレツな怒りの爆発に比べたら、ずいぶんとましだが、過去数ヶ月のPMS対策を厳しくやっていた時期に比べるとずいぶんと怒り方面の症状が出てしまったと思う(厳しく対策をとるとうつ方面が出ちゃったから緩めてみたせいもある)。

生理前はずっと起こってしかめっ面だった。子どもが「ままちゃんわらって、いひーんってわらってっ」って言ってくれるのに、「は? 笑いたくなんかないんだけど」みたいな顔をしていた。最低。ほんとうにごめんなさい。生理になった今(数時間だけど)、まだあんまり心が穏やかに戻っていない。まだ「人間やめたい」みたいな気分はちょっとのこってる。ただ、こうして記録をしておけるだけには回復している。

今月の反省と発見。

  • この国(日本ではないです)の鶏肉は本当に要注意
  • ブラックストラップモラセスはやっぱり日常的にとっておくべき
  • 怒り方面の症状が出ているときは生理の一番最初の経血がそこそこ量がある
  • 鬱方面の症状のでる回(つまり肉&乳製品をほとんど食べない月)は、生理のはじめが不正出血がちょっとだけあったのかな? みたいなくらいかすかな茶色い血がつくだけというのが1日半くらい続く。

どれくらいどんな肉なら食べても大丈夫なのか、バランスを見極めるのが難しい。

PMSが鬱方向へ行ったので慌てて豆乳と肉をカレーを食べた

ずっと怒り方向で鬱とは無縁だったPMS/PMDD。怒り方向がひどすぎて、いろいろ対策をとっていた。

  1. ブラックストラップモラセスで栄養を取るようにした → 怒り収まった

ここで満足していれば良かったのかもしれないが、豆乳を飲むと生理が急に早く来るため、もしかしてエストロゲンが多すぎるエストロゲン過剰気味かと判断し、エストロゲン過剰摂取対策をとりはじめた。

具体的には、肉、乳製品、パラベン入り化粧品を避ける。この対策をとりはじめた月の月経前はとても穏やかで、むしろちょっとおちぎみかな?(でも気になるほどでもない、怒ってないだけで嬉しい)というかんじだった。そして今月、2か月目。生理前1週間ほどの朝、突然悲しみに襲われ涙があふれ、それ以来数日、朝悲しみとともに目覚め、あんなにハマっていたヨガにすら行く気がおきず、全てを投げ出したくなり、いろいろと予定されていることを全部キャンセルしてしまいたくなった。なんとか子どもを学校に送っていくが、それ以外は布団をかぶって泥のように寝ていたい(眠いわけではない)という状態になった。

こんな鬱状態になるのはいつぶりだかわからない。特に、怒り方面のPMS症状が出るようになってからは一度もなかった。でも、若い頃、ときどきなっていたような気がする(若い頃は怒り方面はまったくなかった)。

これたぶんPMSだ。

セロトニンが足りていない。セロトニンが足りなくなる原因には以下がある。

  1. エストロゲンが足りない
  2. セロトニンの材料が足りない(肉や乳製品やナッツなどに含まれる)

わたしはこの2か月、エストロゲン過剰対策をしていたので、体内のエストロゲンが怒り方面のPMS症状が出ていたときに比べてずいぶん減っているはずだ。過剰すぎたものが減る程度ならよかったのに、もしかしたら減りすぎてしまったのかもしれない。

セロトニンの材料のひとつであるトリプトファンは、肉、乳製品などにも多く含まれる。私は、肉や乳製品に含まれる性ホルモン、成長ホルモンを避けていたので、結果的にトリプトファンも足りなくなっていたのかもしれない。

以上は全て仮説だが、今まで数ヶ月自分の体でいろいろ実験してきた結果の仮説だ。

昨日は食欲もなく、午後三時まで何も食べていないことにすら気づかなかった。しかし、このままではヤバい、と感じ、夕食はビーフカレーにした。カレーはセロトニンをどばどばだすらしい。お肉も入れて、ちょっとだけ豆乳も飲んだ。

今朝は、起きたとたんの悲しみはなかった、きがする。怒りもないけれど、昨日までの「すめてもうなげだしたい。あれもこれもきゃんせるしたい。きえたい….」みたいなネガティブ思考ぐるぐるはあんまりなくなった。

何事も中庸が肝腎てことか。

追記:悲しみが収まったと思ったら生理になった。肉・豆乳のおかげか、それとも生理になったからか、どちらもか。同時に、産後になった産後リウマチ風の、手のこわばりがある。産後になったのが治って以来初だ。右手の小指、薬指、手首が曲げ辛い。産後の手のこわばりも、エストロゲンが急に落ちることでなるらしいので、結局生理前後はエストロゲンが足りていない、ってことなのかもしれない。

PMSが鬱方向に振れたかもしれない

朝起きたら、とても悲しい気持ちだった。自分を包む空気がしっとり湿気を増して重くなっているみたい。我が子を学校に送っていってかえってきたけれど、布団をかぶって寝てしまいたい気分。引っ越しも旅行も全部取りやめにして、家にこもりたい。人に会いたくないし、もうなにもしたくない。朝は起きたときは泥みたい。

そういえば先月のPMS期も「いらいらしていない、むしろちょっと落ち気味」と感じていた。

先月と今月、それ以前と変えたことと言えば、肉や乳製品、パラベン入り化粧品を何となく避けるようにしたこと。きっかけは、自分の怒り方向のPMS/PMDDの原因がエストロゲン過剰にあるのではないか、と感じたためだ。先月はその効果か、怒り、イライラはほとんどない生理前だった。

この悲しくて鬱鬱とした気持ちっ、泥みたいに寝ていたいのって、妊娠前、若い頃に感じていた気分の変調にすごく似ている。当時は怒りやイライラに惑わされたことは全くなく、そのかわりよくどよーんと落ちていた。その時はそれがPMSだとは気づいていなかったけれど、あの気分の変調はもしかしたらPMSだったのかもしれない。

そういえば、私は妊娠するまで、あんまり肉を食べなかった。野菜炒めにはいっている肉とか、スープにはいっているベーコンとか、そういうのは普通に食べていたけれど、メインディッシュとして肉を食べることがあんまりなかった。レストランでは肉メニューは外し、魚か野菜かで悩む。子どもの頃からそうで、あまり肉に惹かれない。

ところが、妊娠したとたん肉食になり、その後、肉のおいしい国へ行き、さらに肉食になった。それ以降、肉に抵抗がなくなっていたけれど、この2か月意識的に避けるようにしていたら、以前のあんまり肉を食べない生活に戻った。

とはいえ、週に1、2度くらいは肉っぽいおかずを作る。昨日も悲しみの原因はエストロゲンかなーと思い、豆腐ハンバーグにした(イソフラボン入り)。

ちょっと前に、自分とは反対方向だけれど調べておこう、と思って、鬱方向のPMSのことを調べていた。

どうやらエストロゲンとセロトニンが比例関係にあり、エストロゲン値が下がっているとセロトニンも下がり、心が不安定になるようです。女性はそもそも男性の半分くらいしかセロトニンがないらしいです。また、産後鬱なんかもこのセロトニンが関係しているようです。

エストロゲン過剰対策と思って、過剰エストロゲンを避けてみたら、エストロゲンが足りなくなったということか? って言うことは私の体は必要なだけ作る能力がないの?

セロトニンは脳と腸で分泌されるホルモンで、どうやらほとんどが腸で分泌されているようです。セロトニンの材料はトリプトファンとビタミンB6。これらは食べ物からとる必要があります。

トリプトファンとビタミンB6をとること。あと、カレー、ラフマ茶など。

生理までこの調子だったら怖い。いろいろやることがあるのに、このままでは何もできないで布団にくるまって時間が過ぎてしまいそうだ。たすけて。

エストロゲン過剰対策をとったらPMS期のイライラが消えて生理周期がPMS発症前にもどった

今月は「エストロゲン過剰対策月間」でした。

具体的には以下の2本立てで対策をとりました。結果、生理周期が32日周期(PMS発症前のサイクル)にもどり、PMSのイライラの症状が消えました。生理前日と前々日にわずかな偏頭痛を感じていましたが、堪え難いほどのものではありませんでした。

  1. 外部から摂取する各種ホルモンを減らす
  2. 摂取してしまったエストロゲンを排出する

PMS発症(というかヤバいと思うほど悪化)と時を同じくして生理周期が28日になっていました。1日程度のずれはあれど、満月に排卵し新月に生理がくるという、生物としてものすごく自然そうなサイクルになっていて、PMSの諸症状はあれど、28日周期って理想的じゃないの? とちょっと満足していたところがあります。

ブラックストラップモラセスをとりはじめて、PMS期のイライラは劇的に改善されましたが、ちょっと食べるのを忘れるとすぐ怒りが爆発し、いつ自分の中から怒りが爆発してくるか常にびくびくしているところがありました。

メリディアン モラセス 350g
アリサン
売り上げランキング: 17,812

ブラックストラップモラセスは素晴らしいが、それだけでは根本的な解決ではない気がぬぐえず、調べているうちに、 PMSのタイプにはいろいろあるということを知りました。

その原因のひとつに、エストロゲン値が高くなる(本来下がらなくてはいけない時期に下がらない)、エストロゲン・ドミナンス(過剰)があるといわれているようで、自分の場合ももしかしたらそうかもしれない、と思い当たりました。そう思った理由は、自分の体の豆乳に対する過敏性です。豆乳はエストロゲン的な働きをするイソフラボンを多く含みますが、私は豆乳を飲むと、生理が必ず乱れるのです。つまり私の体内にはもう十分なエストロゲン(もしかしたら十分を超えた量)があり、豆乳をのむとすぐに影響を受けるのでは? と考えました。先月は豆腐を一杯食べたらなんと生理が1週間もはやまり、これは怖いな、と、エストロゲン・ドミナンス対策をとってみることにしたのです。

最新改訂増補版 医者も知らないホルモン・バランス
ジョン・R・リー
中央アート出版社
売り上げランキング: 32,619

やったのはこんなこと。

外部から摂取する各種ホルモンを減らす

体内で生成されるエストロゲンのほかに、私たちは外部からたくさんのエストロゲンっぽい物(内分泌かく乱物質、いわゆる環境ホルモンとか、イソフラボンとか)やエストロゲンそのもの(牛乳などから)をとっています。今月はそれらをなんとなーく(徹底的にはやっていません)さけてみました。

  • 食肉には性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が含まれていることがある
  • 牛乳には性ホルモンが含まれている
  • 乳牛に各種ホルモンを使っている国の乳製品には各種ホルモンも含まれている
  • プラスチックなどには内分泌かく乱物質が含まれている
  • 化粧品の防腐剤のパラベンは内分泌かく乱物質の疑いがある

そんなわけで

  • なんとな〜く「肉っ!」ってかんじの食事は避ける
  • なんとな〜く乳製品は避ける
  • シャンプーはパラベンフリーにして、ボディソープはナチュラル石鹸に置き換え
  • 小分け包装されてないのに何か月経っても腐らない30枚とか入っている安いフェイスパックを使うのを止めた

どれくらい「なんとな〜く」だったのかというと、たとえばこんなことは自分に許しました。

  • 家族で焼き肉食べ放題にいった(食べたあと吐き気におそわれほとんど吐いてしまったけれど)
  • シャンプーはパラベンフリーにしたものの、コンディショナーはいつものパラベン入り
  • パスタにチーズをちょっとふったり、たまにヨーグルトを食べたりはした
  • 野菜炒めにはいっているお肉のかけらは食べました
  • 日焼け止め、ファンデーションなどはいつも通りパラベン入り
  • ちょっとした大豆製品は食べました

摂取してしまったエストロゲンを排出する

どうやら生のニンジンに含まれる食物繊維(ペクチン)が、腸内にある過剰なホルモンさんなどを排出してくれるらしいという情報をキャッチしました。

でも、けっこうめんどくさくてまともにやったのは1週間くらいしかありません。それに私の場合生のニンジンを食べると便秘になったのです。いいか悪いかわかりませんが、食物繊維のたっぷりはいった野菜ジュースなんかを飲んで、これを実践したフリをしました。

この程度の実践なので、ニンジンが実際に効果があったのかはよくわかりません。

しかし、今月は体のかんじはずいぶん違いました。生理直前なんておだやかすぎてブラックストラップモラセスを飲み忘れるくらい。

  • PMS期なはずなのに全然イライラしないでとてもだやかな気持ち
  • むしろちょっと下がり気味? くらいな気がしないでもない…
  • 生理前のお腹の張りがなかった
  • 体が軽い
  • 排卵日の不調(吐き気)がなかった
  • 火照ったりのぼせたりする不快感がほとんどなかった

もちろんこれらはブラックストラップモラセスをはじめてから感じていたことでもあり、一体どれがどれくらい効いているのかはよくわかりません。でも、今月の穏やかさ(むしろ下がりそうな気分)はPMS発症後感じたことはなかったほどです。

なんだかいろいろと相乗効果でいい方向に向かっている気がします!

今現在実践しているPMS対策まとめ(生理前に書いた「とても穏やかな生理前、今月のPMS対策まとめ」にも詳細があります)

  • ブラックストラップモラセス
  • ヨガ
  • 肉・乳製品・パラベン控えめ
  • (PMS対策というよりもともと)酒煙草カフェインはほぼゼロ、白砂糖もあんまり食べません

現在生理が終わりそうな時期ですが、これだけ穏やかな生理前だったのにも関わらず、生理の4日目5日目にイラっとする時期があります。これは何か月も前から観察される現象で、いつも生理の4、5日目がイライラ日のようです。この原因を知りたい。

ちなみに生理初期は、PMS期をのりきった余裕から、若干乳製品をとりました。うーん、次の生理前も穏やかに過ごせるように、食生活期をつけます。

追記)

このあとも自分で人体実験を繰り返し、見えてきたのは「食肉に含まれる性ホルモンがヤバい」ということ。しかし、だからといって肉を避けまくると鬱になる(トリプトファン、エストロゲン、セロトニンの関係)ということ。性ホルモンの含まれていないお肉を適度に食べると、生理周期28−29日くらいでありながら、イライラも鬱もない穏やかな生理前を迎えられるということがわかりました。詳細はこのブログ内をいろいろ読んでみてください。

追記2)

この記事を最初に書いた段階では、成長ホルモンも影響していると思っていましたが、成長ホルモンは体を大きくするだけであって生理には関係なさそうです。じゃあなんでお肉や乳製品がよくないの? というと、性ホルモンをたくさん含んだ牛さんなどをもとにした飼料を食べて育った食肉にも性ホルモンが含まれている、という連鎖のようです。

ですので鳥豚牛、育てる段階で性ホルモンを意図的に摂取させていなくても(ホルモン剤は使っていません、と言っていても)、その飼料が何でできているから、っていうところから考えないといけないようです。

グラスフェッドビーフとか、穀物だけを食べて育ったチキンとかを選ぶと良いようです。